ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第6話 冬キャンと山カフェ

休日の早朝、リンはスクーターに乗ってキャンプに出かけます。この日は野クル(野外活動サークル)もキャンプに出かけています。
わんこ
車の中からこちらを覗く犬。長い運転をしているとたまに見かけますよねw。進路が分かれてワンちゃんとお別れと思ったら、その先にさらにいっぱい居たという(笑)。
作者の実体験であったのかもしれませんねw。
野クルは旅の途中で笛吹公園に立ち寄ります。公園から見る風景になでしこは感動します。そのあと彼女達は公園内のカフェで、心地よさのあまり動けなくなってしまいます。
一休み
電車での旅ではよくあることです。やっぱり歩く量がかなり多いですからね。この笛吹公園は笛吹川フルーツ公園という場所がモデルのようです。
そして野クルが休んでいるところが、公園内の「オーチャードカフェ」という所です。複雑なフレームの立派な建物も実在します。ちょっとした聖地かもしれませんねw。
リンとなでしこは互いに別行動しながら、携帯電話のチャットで連絡を取り合ってます。
やはり、LINE漫画・・・
お互いに旅をしているから、ぞくぞくと新鮮な情報が入ってきます。かなり楽しそうですね! なにげにLINE宣伝マンガになってます(笑)。
リンちゃんは斎藤さんとも連絡をとってそうだから、チャットだけでも大変そうです。まあ広い田舎道なので音声入力はやりやすそうですけど。
リンは木造の小さなカフェに立ち寄り、暖かいボルシチを注文します。
うまそうです!
この表情。料理が体に染み入る感じがよく伝わってきます。季節は極寒の真冬です。スクーターでの旅とはいえ、越県するほどの長距離運転はかなり体力を使います。
そうして冷え冷えクタクタになった体に、熱々濃厚なボルシチが与えられるわけですww。こんな最高なことが他にあるでしょうか!?
なでしこに現在地を訪ねられたリンは、ライブカメラに映ることで場所を知らせます。
良いネタです。
リンちゃんは中々粋な事をしますね。これはすごくマネをしたくなります(笑)。スマホの時代になって、携帯で動画を見るのも一般的になりましたからね。
離れた場所から自分の映像を伝えるのって、一昔前から考えたら結構スゴイことかも。まあテレビ電話もあるけど、そこは旅ならではのことをしたくなりますよね。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み