ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第3話 ふもとのソロキャンガール

リンは富士山の目の前の麓キャンプ場というところに、一人キャンプをしにきました。斎藤と携帯電話のチャットでやりとりをしています。
LINE漫画だ!
旅行をしているときに家にいる友達と、チャット等を利用してやりとりするのって楽しいですよね! スマホの発達で写真なども気軽にやりとりできますから。とても現代的な楽しみ方だと思います。
麓キャンプ場ってモデルは「ふもとっぱら」って所かな? ホームページ見ていたらライブカメラがあって、残雪の中テントがちらほら。ゆるキャンの読者もいそうです(笑)。
リンはキャンプ場の周辺を探索してみることにしました。施設や自然の様子など興味深いものがたくさんあります。
出費はそれなり・・・
施設使用料2000円、薪一束500円だそうです。こういうのって交通費だけ払ったら後は金がかからないイメージでしたが、結構出費があるのですね(^^;。女子高生にはつらいです。
薪は丸太から切り出すみたいなので加工が大変なのでしょう。特別な機械とかいりそうだし。リンちゃんが薪を抜こうとしたのは・・・ジェンガ的な意味合いだと信じたいww。
一方の斎藤は愛犬のちくわと共に、布団の中でうずくまっていました。この日は寒波が来ているようです。
寒い!!
ちくわは犬のくせに猫のようですねw。なんか鼻水垂らしているし。布団から出れない斎藤さんの髪が、ぼさっとしている感じがなかなか良いです。リンちゃんと対照的な感じですね。
リンはなでしこに野クルに誘われたとき、露骨に嫌な顔をしてしまいました。彼女はそのことを気にしているようです。
ひどい顔だw
こんな顔をされたら誘うほうの心が折れそうです。リンちゃんは一人キャンプの時間が脅かされるのが嫌だったようです。
ただ、それを気に病んでしまうところがリンちゃんらしいです。ワガママになりきれないのですね。
そこに急になでしこが現れます。なでしこはリンのことを斎藤に聞いたそうです。なでしこは鍋の具材を持ってきています。
リンちゃんは「アウトドアごはん」を断念して、カップラーメンで済ますつもりだったのです。なでしこはその辺も斎藤から聞いていたのではと思ってしまいます。
斎藤、ナイスアシストだ!
リンちゃんが周りに振り回されて、でも案外楽しんじゃってるという。この漫画の基本構図がたまらなく好きです。次回、飯テロが行われるわけですね。期待が高まりますw。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み