ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第44話 エビとキンメと犬の島

鳥羽先生たち車組は河津町でひどい渋滞に巻き込まれてしまいます。河津町で桜まつりが行われているのが原因です。
イヌ子の妹のあかりは車を降りて桜を見たり、桜まんじゅうを食べたり、犬とじゃれあったりします。それでも車に戻ってこれるほどひどい渋滞です。
河津町の桜まつり
下車して観光できるほどの渋滞やばいな。でももし車が流れだしたらどうする気だったのだろう・・? 無理に止まるわけにもいかないし、かなりデンジャラスな行動だと思います(^^;)。
桜まつりは毎年100万〜200万人も訪れるそうです。夜はライトアップもされるようで観光地として定着してるみたいですね。
伊豆は暖かい地域ですが「河津桜」という種類の木がとても早く開花するとのこと。この「河津桜」の原木が河津町にあって、そこから全国に植樹されて広がっていったようです。
しかしPRに最適なタイミングの掲載すぎる・・( ゜д゜ )。ゆるキャンの観光大使化がやばいです。
リンは一足先に下田に到着します。車組の到着が遅れているので、足湯に入ったりしてのんびりします。
リンは堤防で陸地とつながっている島を発見します。その島の名前は「犬走島」で、リンは「ドッグ・ラン」を想像して心を踊らせます。しかし島に続く堤防は立ち入り禁止でした。
犬走島
「犬走島」=「ドッグ・ラン・アイランド」って、発想が短絡的すぎるぞ、リンちゃん( `Д´ )。ただ、こんな風に堤防で島がつながっていたら、渡りたくなる気持ちはすごく分かります。
ネットで調べてみたらこの堤防は釣りのメッカらしくて、普段は自由に出入りできるみたいですね。内緒で侵入してしまっているか、その日の天候によって封鎖されるのかもしれません。
しかし作者の犬好きは本当に際立っています。完全に犬派ですね( ゜∀゜ )。猫が出てきた記憶がないほど徹底しています。
ようやく合流できた車組のメンバーとリンは、金目鯛バーガーを食べながらお互いが巡ってきた観光スポットについて語り合います。
堂ヶ島のトンボロにはあさって行く予定です。イヌ子はあかりに「トンボロ」は豚トロの仲間だと教えます。もちろんそれはウソでホラ吹き姉妹の削り合いが始まります。
ホラ吹き姉妹
犬山家では普段、こんな激しいホラ吹き合戦をして鍛錬をしているのか・・(゜◇゜;)。この地獄のような環境で嘘つきの修羅が育っていくわけですね・・(( ;゜Д゜))。
ただこいつらウソをつくときは必ず目が泳ぐので、ある意味正直姉妹かもしれません。
ちなみに「トンボロ」って、干潮時に島が陸続きになる現象だそうです。リンちゃんコレ、犬走島のリベンジができるじゃないですか!
リンたちは次に食材の買い出しを行います。なでしこは干物店で金目鯛の干物を購入します。今晩のキャンプごはんの食材にするそうです。
リンと千明はここで「エビ作戦」を実行しようとします。
二日目の夜の晩飯に縁起物の伊勢エビで、なでしことイヌ子の誕生日を祝いたい。しかし予算オーバーになるので鳥羽先生に伊勢エビを買わせる。これが「エビ作戦」の概要です。
リンと千明はどうやって先生をそそのかすか悩みますが、そうしている間に鳥羽先生は伊勢エビの干物を購入してしまいます。どうやら恵那が裏で根回しをしていたようです。
エビ作戦ww
「エビ作戦」ってやっぱり相当くだらないことでしたねww。しかも全然計画的じゃないし・・。
素直に鳥羽先生に頼むという心の清らかさを持っていないところは千明らしいです。しかし一方の恵那ちゃんにはちょっと腹黒い印象を受けてしまいます(^^;)。
鳥羽先生は休日を潰されている上に、こんな高そうなものまで買わされて出費もすごいのではないかと思う・・。まあ本人はかなりエンジョイしてそうだけど、教師ってやっぱりブラックな職業だわ(-_-;)。
伊勢エビって確かにめでたい感じがしてお祝い事にはいいかもしれませんね(*´∀`*)。伊勢エビの干物ってどんなものか想像付きにくいですし、具体的にどんな料理になるかちょっと楽しみになります。
リン達は爪木崎に到着します。ここにはキャンプ場はありませんが、鳥羽先生によるとこの地域は冬場限定で野営することが可能だそうです。
しかし地元の職員に「地主の意向で何年か前に冬場もキャンプ禁止になった」と言われてしまいます。鳥羽先生は「ど・・・どうしましょ?」と言って途方にくれます。
キャンプ禁止きたーー!!!
いままで「ゆるキャン」は様々な困難に直面してきましたが、とうとう根本的にダメなヤツが来てしまいましたね( ゜∀゜ )。
まあ先生も事前に確認をとっていたみたいなので、これは責められなところではあります。車の中で寝るにしても人数的に横になれないでしょうし、これから他のキャンプ場を探すのも大変そうですね・・。
この記事のシェア
コメント
name:匿名
確かなでしこのおばあちゃん家は猫飼ってたと思うよ。まぁ犬好き炸裂は同意w
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み