ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第43話 下田まであとどのくらい?

伊豆キャン決行の朝、鳥羽先生の運転するミニバンがなでしこの家に到着します。イヌ子の妹のあかりをはじめ、車組のメンバーは既に乗り込んでいます。
なでしこの姉の桜が見送る中、一行はいよいよ伊豆に出発します。今回のキャンプのテーマは「ジオパーク巡り」と「伊豆の食材をキャンプめしで味わう」というものです。
前夜にワクワクしすぎて寝れなかったというなでしこは「寝てなんていらんないよ!!」と意気込みます。しかし、しばらくして鼻ちょうちんを出して熟睡してしまいます。
熟睡
なでしこは遠足前の小学生のようですw。でもこういう車の旅は車中でゆっくりできるのでいいですよね。
鳥羽先生が妹から借りたというミニバンは後部座席2シートで、二人づつ座れるのでゆったりしてそうです。リンちゃんが居たら1シート3人になって、けっこう狭かったかもしれませんね。
ジオパークって国際団体がからんだ行政主導の枠組みみたいですね。火山や地層などの地質資産を保有する自然公園とのこと。伊豆の認定は2011年とけっこう新しいみたいです。
これって伊豆の観光課が作者に営業かけたのでは・・とちょっと疑ってしまいます(^^;)。
野クルって作中では高校の一サークルにすぎず、はなはだ小さな泡沫のような存在ですが、現実ではちょっとした歩く観光大使のような存在になりつつありますからww。
やはりアニメのヒットって影響力が大きいと思います。アニメ2期も決定したのでなおさらですね。
別行動のリンは伊豆ジオパークの「ジオスポット」の一つである大瀬崎に到着します。枝が複雑にねじれた大木が立ち並ぶ「ビャクシン樹林」を散策し、「神池」では鯉にエサをやるなどしてゆっくり過ごします。
ビャクシン樹林
これちょっと検索してみましたが中々の景観のようですね。樹齢1500年の樹木もあるそうです。RPGのモンスターのようで、ちょっと襲ってきそうとか思ってしまいました( ゜∀゜ )。
神池は岬の先端に虫眼鏡のように立地していてちょっと面白いです。めちゃめちゃ海に面してるけど淡水の池だそうです。
参拝料として100円とられるのは、こういうところとしてはちょっと意外ですが、景観の保持などに役立たれているのかもしれませんね・・・。
遊歩道自体が天然のテーマパークになっている感じですかね。パワースポットとしても有名らしく、やたらご利益がありそうです(*´∀`*)。
リンと車組は互いにメールでやりとりをしながら、ジオスポット巡りを楽しんでいます。リンはバイクで移動中に大きなエビのモニュメントを発見します。
それを見たリンは千明の言葉を思い出します。「二人の誕生日を祝うキャンプめしを作るためには、「エビ作戦」を何としても成功させなくてはいけない。」
エビ作戦
千明のことだから大仰なこと言っておいて、すごくくだらないことだと思いますww。しかし、何をしようとしているのかは全く想像つかないですね。
ただプレゼントを渡すだけでなく、何らかの演出をするのでしょうか・・?
リンは次にジオスポットのひとつである「龍宮窟」を訪れます。車組は伊豆名物のわさびソフトを食べたり、河津七滝のループ橋で運転を楽しんだりと旅を満喫しています。
龍宮窟
龍宮窟も検索してみましたが、かなりの異空間ですね! 日本にもこんな場所があったのかとちょっとびっくりしてしまいました・・。
むき出しになった岩盤や地層と流れこんだ海水のコントラストが美しいです。晴れの日で温かい季節に行きたい感じです。
映画のロケやコスプレの撮影などにも使えそうですね。実はまだ崩落の危険がある場所みたいですけど・・(^^;)。
ループ橋ってインターチェンジか何かかと思ったのですが、自転車も通れる国道みたいですね( ゜д゜ )。こうした施設や景観は、地震やら崩落やらが多い土地柄が関係しているようです・・・。
車組はスケジュールの順調さから観光の追加を検討します。しかし急に道路の渋滞に巻き込まれてしまいます。
河津町では日本一の早咲き桜である河津桜があり、その季節はとても渋滞することで有名なのだそうです。
渋滞
以前リンちゃんが通行止めに悩まされましたが今度は渋滞ですか・・。目に見えない障害物的なものでやっかいですね(-_-;)。
一般的な道路工事などではなく、観光で渋滞が起きるのはちょっと珍しい感じです。これはリンちゃんが先に現地に着いてしまって、何かエピソードが挿入される展開になるような気がします。
しかし野クルって顧問にとっては結構ブラック企業的なサークルですね(^^;)。休日はつぶれるわ車の運転はさせられるわで・・・。
ガソリン代くらいはみんな払ってくれてるのかな・・? まあ鳥羽先生はそれ以前にエンジョイしてそうですけどね。大好きなお酒が待っているのですから!
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み