ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第38話 静かの湖

通行止めにあせったそぶりを見せたリンですが、実はその事を事前に調べて知っていました。
なんてね
なんてこった!! これじゃ同じ失敗を繰り返すリンちゃんに歓喜し小躍りしたこっちがバカみたいじゃないか( `Д´ )。
ヘルメットの上から汗までかいて、りんちゃんの演技が迫真すぎる( ゜д゜ )。作者がひっかけているので当たり前ですね・・(^^;)。
ちなみにこの道は前にガチで通行止めにあったことのある夜叉神峠につながっているそう。一回失敗していただけに、リンちゃんの中で強い印象が残っていたのではと思います。
リンはバイクで南下していき、分かれ道から雨畑湖に向かいます。雨畑湖には吊り橋がかかっていたので、リンは渡ってみることにします。
吊り橋は中央付近では揺れが激しく、さらにその先の道もけもの道のように険しかったので、リンは引き返えすことにします。
吊り橋
用がないのに渡りたくなるもの。それが吊り橋です(゜ー゜)(。_。)。どうやらこの橋自体が観光名所になっている模様。
地図で調べても吊り橋の先は手付かずの森林が広がっているだけで、いったい何に使う橋なのか分からないです( ´д`ll)。本当に渡るだけの橋なのかも・・まさに吊り橋トラップ!
桜は狩猟で採取した食材を販売するジビエ販売所に立ち寄っています。桜は熊の手料理に関心を持ちますが、その調理法があまりにワイルドだったので、おとなしく扱いやすい鹿の肉を買います。
ジビエって野生動物の肉だからワイルドで美味しそうな感じがしますね。ただ細菌や感染症はちょっと怖いなと思います。
しかし料理をしていて獣臭くなるって相当な事態ですね(゜◇゜;)。そもそも獣臭さ自体がよく分からないので恐怖感が半端ないです(( ;゜Д゜))。
リンは雨畑湖近くの宿で温泉を堪能した後、電気マッサージチェアを借りてリラックスします。
おい!!
温泉に入ったのに入浴シーンがないってどういうことだ!! そこは果てしなくマンネリだったとしても入れて欲しかった(メ-_-)。取材NGだったとかかな?
リンちゃん、奈良田湖では温泉に入らなかったけど、ここが目当てだったか。ちなみにこちらも天然温泉だそうです。
アニメがヒットして以来、リンちゃんに訪れてほしいスポットは多いでしょうね。ちょっと登場するだけで聖地になるのですから(^^;)。
一方で人気スポットでは撮影などでトラブルがあったようで、是非ガルパンの大洗のようにファンと地元との間で良い関係を築いてほしいですね。
リンはなでしこから連絡が来なくなったことで少し不安になります。リンの不安はどんどん大きくなり、居ても立ってもいられなくなってバイクで出発します。
心配・・
やっぱり、りんちゃんはなでしこの事が好き過ぎですね(*´∀`*)。暇を見つけては「なでしこなでしこ」っていつも考えているような気がします。
しかしリンちゃんはなでしこの所まで行くつもりでしょうか? 富士宮には身延山を越えて行かなければならないので結構遠いぞ!
富士宮のキャンプ場。なでしこの近くでキャンプをする親子はコンビニの飯を温めて晩飯にすることにします。その姉妹が炊事場に行くと、ブランケットにくるまったなでしこが何やらあやしい事をしています。
秘密結社ブランケット!
あの恐怖の秘密結社に見つかってしまっては、あの姉妹は生きて帰れないだろう・・( ゜∀゜ )。
・・という冗談はさておき、簡素なコンビニ飯との対比でキャンプ飯の話が盛り上がりそうな雰囲気ですね!
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み