ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第36話 なでしこさんぽとしまりんさんぽ

なでしこは初めてのソロキャンプをするために富士宮にやって来ます。反対されると思っていた姉の桜はあっさりと許可を出してくれました。
富士宮
なでしこが初のソロキャンに選んだ地は富士宮でしたか。やはり富士山が見えるというポイントは外せなかったようです(´∀`)。
あっさりソロキャンの許可をだした桜さんですが、すかさず見守りアプリをインストールしていますw。その保護者っぷりは健在(^^;)。
しかし前回懸案になっていた問題ですし、桜さんの反応は意外でした。やる気になった妹の気をそぐことはできなかったか・・?。
リンは赤沢宿という所を散策しています。寒さを感じたリンは「古民家カフェ」に立ち寄って温まります。
古民家カフェ
古民家のカフェとは古い家屋の再利用といったところでしょうか・・? 畳にこたつという環境なのですごくくつろげそうですね(*´∀`*)。
そしてまたしても足に根が生える状態に陥ってしまうリンちゃんw。マッチポンプとはいえ再起動には苦痛がともないそうだぞ!?
赤沢宿は身延から身延山をはさんだ地点にあるところのようです。ちょうど富士宮の北西の辺りですね。なでしこもリンちゃんも今回は近場での活動になりました。
そこになでしこからメールが届きます。富士宮の最低気温は3度、赤沢宿は-5度です。天気予報を確認したリンはなでしこなら大丈夫と考えます。
桜さんだけでなくリンちゃんにも遠隔管理されるなでしこw。さすが守りたいキャラです。
どうやらリンちゃんとなでしこは互いに情報を共有しているみたいですね。そうなるとお互いにニアミスなんてことは起こらなそうです。
3度で大丈夫ってなでしこは随分買いかぶられたな( ゜д゜ )。あれでもか弱い女の子だぞ・・・一応。
しかし二人の滞在地は距離的には近いですが、山側と海側では随分と気温に差があるのですね。
富士宮の市街に出たなでしこは「富士宮やきそば」を食べることをとても楽しみにしています。近くにもお店はありましたが、姉のオススメの店にいくため、なでしこは我慢をします。
富士宮やきそば
なるほど。なでしこが富士宮という地を選んだのは、富士山だけが理由ではなかったかww。
富士宮やきそばは有名になって日本中で食べられますが、肉カスがジューシーでたまらないですね! 寒い日のスタミナにはもってこいの料理です(≧∇≦)。
標高の高いところからスクーターで下ってきたリンは恵那とチャットは始めます。しばらく会話した後、恵那はバイトがあると言ってチャットを切り上げます。
恵那ちゃんバイト!?
恵那ちゃん家はすごい金持ちっぽくて何でも買ってもらえそうなのにバイトするのか・・( ゜д゜ )。
周りの友達がみんなバイトを始めたことに触発されたのかもしれませんね。自分で働いて好きな品物を買うって、なかなか楽しいことですしね(´∀`)。
なでしこはお目当ての飲食店にやってきました。そこでは「しぐれ焼き」という料理が食べられるそうです。しかしお店の前には長い行列ができていて、入るのには時間がかかりそうです。
人気店w
これはいわゆる「oh..案件」ですね∑(゜Д゜ノ)ノ。寒い中の空腹に行列はつらいです(メ-_-)。飲食店とかちょっとバズるとすぐこういうことになりますからね!
リンは北上して奈良田湖という湖にやってきます。その近くの奈良田温泉でリンは、なでしこの姉の桜を発見します。
まさかの遭遇
これはかなり意外な展開です! おお〜そう来たか! まさか、なでしこではなく桜さんと遭遇するとは!!
桜さんはちょっとオーラがあるというか威圧感があるし、リンちゃんはこの通り人見知りなので先が思いやられます・・(^^;)。
まあ、桜さんは実際にはやさしい人なんですけどね。しかし、このあとどういう展開になるのでしょうか・・?
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み