ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第35話 なでしこのソロキャン計画

ゆるキャン大ヒット!
アニメ化をきっかけにゆるキャンがブレイクしましたね(≧∇≦)。少なくともオタク界隈ではかなり名の知れた存在になったようです。
リンちゃんのお団子ヘアーのコラ画像やイヌ子のおっぱいイラストがたくさん作られたり、かなり盛り上がりましたね(´∀`)。
単行本は売上10倍、ブルーレイは10000枚超えるのではとの噂が立っています・・・スゴイ( ゜д゜ )。
この漫画、キャラが配置された時点で雰囲気の良さがバンバン伝わってきてスゴイですよね( ゜∀゜ )。日常系漫画の傑作条件であり難しい部分でもあるのではと思います。
フォワードという本屋でみつけるのが割と困難な雑誌での連載時点で、SNS等で100レスを超えるような話題になってましたから。元々ポテンシャルはすごいものがあったのだと思います。
恵那は山中湖キャンプの写真を見せながら思い出を語ります。そしてリンが寒さを心配して鳥羽先生を呼んでくれたことを感謝します。
ありがたや〜
コンパクト焚き火グリルにお金を入れて、リンを拝む恵那となでしこww。「メタル賽銭箱」設定がここで生きるとは驚きです( ゜д゜ )。
なでしこは今週は一人キャンプをすると言います。リンの「ソロキャンプはみんなでやるキャンプとは別のアウトドア。」という言葉で興味をもったそうです。
リンは「知らないうちに焚きつけてたのか?」と自問します。
ソロキャンBYなでしこ
なるほど今度はそうきましたか( ´_ゝ`)。なでしこは何かと影響されやすそうな性格ですからね。
一人でのキャンプはさみしくなっちゃわないか心配だけど、一人で自転車で本栖湖行ったりしたし案外平気なのかも。なでしこはマイペースな所がありますから。
ソロキャンは確実に家族に反対されるため、なでしこは姉に車で送ってもらうのは難しいと言います。リンは「輪行」というバスや電車に折りたたみ自転車を積んで移動する方法を提案します。
妄想
「輪行」というキーワードを聞いて、リンちゃんに対する妄想を加速させるなでしこ(笑)。一体どういう状況なんだそれw。なでしこのリンちゃん愛が止まらない感じです。
リンちゃんも「今くだらない事かんがえてたろ」とツッコミを入れますが、もうテレパシーでつながってる感じですね(*´∀`*)。この二人は相思相愛すぎる・・(゜◇゜;)。
リンはソロキャンをする注意点をあげます。(1)電波が通じるキャンプ場を選ぶ。(2)家族や知人に行き先を言っておく。(3)じっくり下調べをする。(4)天気予報を確認しておく。
リンちゃんの経験値
さすがリンちゃん。この辺はとても詳しいですね! この中で一番重要なのが電波が通じるってところかも。それさえあれば、他の問題は後付けでなんとかなりそうな気がします。
電波が通じないとラインでのやりとりもできなくて面白くないでしょうしね(^^;)。最近はその辺のインフラが充実しているキャンプ場が増えているのかもしれません。
さらにリンは「(5)キャンプ場でやる事を決めておく」と言います。ソロでのキャンプは話したり遊んだりする相手がいないので、時間を持て余すそうです。
なでしこが一人でやることって言ったら、際限なく料理を食べてる姿しか想像がつかない(( ;゜Д゜))。
それか椅子に座ったまま昼寝して、寒さで起きたら夜だったっていうパターンですかね?
鳥羽先生は山中湖キャンプのときに飯田親子にごちそうになった日本酒を思い出してうっとりします。そして近いうちにお礼をしなければいけないと思います。
シラフのグビ姉のちょっと太めな糸目がカワイイですね(*´∀`*)。普段のちょっとおっとりした雰囲気もけっこう良いと思います。
鳥羽先生は同僚の教諭から、次は伊豆半島でキャンプをしてみてはと勧められます。それほど防寒対策をしなくても安心してキャンプができるそうです。
次の野クルキャンプは伊豆!?
次は伊豆か・・。ちょっと暖かくて海岸もあってということで、色々と状況が変わってきそうな感じがします。富士山近辺から北に南にどんどん活動範囲が広がってますね( ゜∀゜ )。
次々と今後の予定が決まっていって、ワクワクさせられる展開です!
リンからレクチャーを受けたなでしこは、週末のソロキャンデビューに向けて気合を入れます。リンは「私は週末どうしようかな・・」と考えます。
リンちゃんの予定
リンちゃんも週末ヒマだったのか∑(゜Д゜ノ)ノ。以前になでしこがリンちゃんのソロキャンに乱入したことがあったけど、今度はリンちゃんがゲリラしてみるのも面白いかも・・。
まあリンちゃんの性格からして、絶対にやらなそうなことですけどね(^^;)。少なくともまた同時進行的なストーリー展開になりそうな気がします。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み