ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

作品と登場人物紹介

ゆるキャン△
英題:Yuru Camp
原作・作画:あfろ
一人キャンプを愛するリンは、富士山のふもとのキャンプ場でなでしこと出会います。この出会いをきっかけになでしこはキャンプを始めます。さらにリンの友達でナイスなお節介の恵那や野外活動サークルの千明とあおいが加わり、リンのキャンプスタイルは賑やかなものになっていきます。ゆるふわ日常系キャンプ漫画です。
登場人物紹介
志摩リン
(読み:しまりん) ひとりキャンプを愛する少女。キャンプ経験は豊富な方。図書委員で読書家でもある。別に人間嫌いというわけではないもよう。
各務原なでしこ
(読み:かがみはらなでしこ) 無邪気な性格の少女。富士山と食べる事が大好き。遭難しかけたところをリンに助けられてキャンプに興味を持つ。
斎藤恵那
(読み:さいとうえな) りんの友達。お節介焼きだが何かと素直になれないリンのサポート役になっている。キャンプにも興味があるようだが寒いの苦手で躊躇しているもよう。ちなみに実家は金持ち。
大垣千明
(読み:おおがきちあき) 野外活動サークルの部長。言葉遣いが男っぽくボケ役にまわることが多い。あだ名はあきちゃん。
犬山あおい
野外活動サークルのメンバー。京都弁でおだやかなツッコミをいれることが多い。あだ名はイヌ子。ちなみにおっぱいが大きい。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み
(2018/03/27 15:41)