ゆるキャン△ 感想

漫画「ゆるキャン△」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ゆるキャン△ 第8話 それぞれのキャンプ、二人の景色

なでしこたち野クルのメンバーは寝坊しながらも、なんとか目的のキャンプ場に到着します。
ンプ場
こういう管理が行き届いてない感じが、いかにも自然って感じで逆に良いです(´∀` )。まあちゃんとした看板もあるみたいですけど。
この「ウエストウッドキャンプ場」のモデルは、「パインウッドキャンプ場」というところみたいですね。すごく景色が良くて手作り品が満載の趣味の空間といった感じの所みたいです。
なでしこ達は無料の薪をワイヤーで束ねて、ウッドキャンドルを作って焚き火を楽しみます。しかしワイヤーが細かったせいで切れてしまい薪が崩れてしまいます。
な!!
千明の開き直った顔が笑えますww。ウッドキャンドルは鍋を載せて調理もできるみたいですけど、もしやっていたら大変なことになっていました(^^;)。
しかし直火OKのキャンプ場は割と少ないみたいですので、こういう事ができるのは中々貴重な体験なのかもしれないです。
その夜なでしこ達は寝袋を着て就寝しますが、3人で寝るにはテントは狭すぎました。じゃんけんの結果、なでしこが別のテントで寝ることになります。
寂しさを感じたなでしこはリンにメールします。メールの返信がすぐにきたのでなでしこは驚きます。
ねてる
寝てたらメールの返信はできないので起きているってことですね(; ´_ゝ`)。リンちゃんも暇だったのでしょう。照明に限界があるので、日が暮れた後にできることは限られてそうですから。
なでしこは夜空と夜景の写真をメールで送ります。リンもお返しに自分のロケーションからの同様の写真を送信します。
同じ空の下
これは素敵なシーンだぁー! 遠く離れていても同じ満天の星空を見上げているのです。まるで隣り合っているように佇む二人の描写がいいですね!
あまりベタベタせず、離れていても確実に心がつながっている感じがして、ほっこりしてしまいますな(´∀`)。これ、ゆるキャンの中でも屈指の名シーンだと思います。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み