がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第74話 かくご

巻頭カラー
クライマックスを迎えた「がっこうぐらし!」は、今号で巻頭カラーになりました。連載終了が迫っても人気を維持しているのはすごいですね( ゜∀゜ )。
いつものように扉絵のみカラーなだけですが、千葉先生の美麗なカラー原稿が見れるだけで眼福です(*´∀`*)。
最近さすがに暑くなってきましたが、そうした暑さが吹き飛ぶようなとても涼し気なイラストになっていますね。
これが巡々丘学園の水道水だったら、Ω菌は完全消滅してそうです(^^;)。
みーくんがでかけた後、不安がるゆきをリーさんは必死になだめます。その時銃声が鳴り響き、さらに不安が広がってしまいます。
しばらくしてドアが何度かノックされ、ゆき達がそっとドアを開けると、首が血だらけになったみーくんが倒れこんできます。
みーくん生還!
みーくんはよくこの状態で部屋までたどり着きましたね( ゜д゜ )。しかも採取した水をしっかり持ってきているのが偉すぎる!
前回の引きで、ランダル部隊の前で完全にダウンしてましたし、さらに銃声が鳴ったりしたので何かワンアクション起こったみたいですね。
少なくとも銃声の原因はランダルにあることは間違いなさそうです。
りーさんは水道の水をハンカチに浸してみーくんの傷口に当て、さらにその水を口移しでみーくんに飲ませます。続けてゆきも同じように水道水を口移しでくるみに飲ませます。
苦しんでいたみーくんの容体も落ち着き、ゆきとりーさんはくるみとみーくんを見守ります。そしてしばらく過ごしていると、みーくんが目を覚まします。
まず、このコマでお茶を吹き出しそうになりましたww。てっきりリーさんが「私の免疫が優先よ」と言わんばかりに水道水をがぶ飲みしはじめたのかと・・(・∀・)。
実際には口移しで水をみーくんに飲ませたわけです。そこまでする必要があるのかとも思ってしまいますが、確かに一番こぼしにくい方法っぽい感じはしますね・・。
あと演出的に美しいっていうのも、大きな要素かもしれません。
そしてさっそく目を覚ますみーくん。学校の水道水パワーまじですごいです(゜◇゜;)。
くるみちゃんのときは大して効果のない実験薬を注射しただけで、くるみちゃんは一晩苦しみましたからね(-_-;)。
あのときは仕方なかったと思いますが、知識があるっていうのは大きな力なんだなと思わせますね・・。
みーくんは無理をして何が起こったのかを話し始めます。
圭に噛まれて意識がもうろうとしていたみーくんの所に、ランダルの実行部隊がやってきます。そこでランダル同士の仲間割れが起こり、一人の兵士が仲間に撃たれてしまいます。
その兵士は最後の力を振り絞って、二日後に核ミサイルが発射されることをみーくんに告げます。
裏切りの兵士
なぜこの兵士がこんな行動を起こしたのかは定かではないですが、もしかしたらこのおじさんには、みーくんと同じくらいの娘がいたりしたのかもしれませんね・・(;´д⊂)。
あと仲間割れをするってことは、この部隊は悪いランダルの方、つまり「ランダル保護機構」の方なのでしょうね。果たして良いランダルと言われる「ランダル評議会」は存在するのか?
圭ちゃんのその後ですが、出くわしたランダル部隊にヘッドショットされたっぽいです。そのおかげでみーくんの傷が比較的に浅かったのかもしれません。
これで圭ちゃんは完全に退場か(つД`)。最後に盛り上げてくれましたが、やはり寂しいものがありますね・・。
すぐに「かれら」化するであろうみーくんをランダル部隊が処理しなかったのは、内乱が起こったのに加えて良心が芽生えたからかもしれませんね。
基本的に「かれら」は無限にわく障害物で、「かれら」化した後でも十分対応できるってこともあったのかもしれません。
みーくんから核兵器のことを聞かされたゆき達は、呆然としてしまいます。ゆきはランダルに捕まった方が良かったのかもしれないけど、最後までみんなと一緒に居られることだけは良かったと言います。
りーさんは私たちを待っている大学組が居ると言い、諦めずにランダルと通信しに行こうとします。
りーさんは別れ際にゆきにいつも助けられたと言います。ゆきは「本当につらいことはみんなに押し付けて、ただ逃げていただけ」と涙を流して心情をあらわにします。
ゆきちゃんの本音
ゆきちゃん自身は、もうずっと前から覚悟を完了しているのかもしれませんね。離れ離れになるくらいなら死んだ方がマシだと・・(´・д・`)。
そしてゆきちゃんの本音が出ましたね。いままで現実逃避していたことを、ダイレクトに言及しました。ここまでキッパリ言ったのは初めてですね( ゜д゜ )。
ゆきちゃんの狂気と正気の境目というのは、必ずしもはっきりしたものではなく、徐々に回復していったと思います。
少なくとも現在はほぼ正気に戻っていて、ゆきちゃんはその上であえておどけていた所があったのだと。
ゆきちゃんの中には、これまでの行いに対する罪悪感がずっとあって、それがふいに表に出てしまった感じですね。
この過程にゆきちゃんの成長と再生が感じられて、とても感慨深いなと思ってしまいました・・(つД`)。
部屋を出たリーさんの前に「かれら」が近づいてきます。リーさんはかつてない勇ましい表情をしています。
リーさんのターン!
これまで残念なところが多かったリーさんの活躍の場を、最後の最後に持ってくるのは、とても粋な演出だと思います( ゜∀゜ )。
リーさんと言えば、穏やかな表情をしているか絶望に打ちひしがれた表情をしているかの、両極端なケースが多かったと思います。
今回のこの勇ましい表情は、とても新鮮な感じがしますね! 最後の活躍となると思うので、是非良いシーンを用意して頂きたいと思います・・(-人-)。
しかしそのT字の自在ほうきは、かなり頼りない感じがしますね・・。みーくんがショベルを置いてきてしまったのが地味に痛いかもしれません。
なお次号ではまた休載になるようです。今回扉絵含めて30ページで、このくらい内容が充実するなら、このさい隔月でもいいかなと思ってしまいます。
あと、もし話が広がって12巻で収まらないようだったら、さらに延長しても誰も文句は言わないのではないかと思ったりもしますね(^^;)。
この記事のシェア
コメント
name:あむ
更新とても楽しみに待ってました!よかった、とりあえずみーくんはすぐにゾンビ化するのは防げそう!

あー、あと2ヶ月待つのかぁ。待ち遠しいやら、終わらないで欲しいやらでなんとも言えない(><)
今後どうなるのやら、、、。
削除
name:匿名
取り合えず開始早々みーくんの亡骸が描写されて死亡確定とならなくて本当に良かった(;´Д⊂)

バッドエンドものは個人的には結構好みだけど
がっこうぐらしに限っていえば、皆生き残って幸せになってほしい
削除
name:匿名
最後の方、りーさんが「リーさん」になってて思わず噴いた。
次回はりーさんがブルースリー宛らのアクションを繰り広げちゃいますかとw
削除
name:匿名
更新待ってました!わーい!
削除
name:匿名
無事にみーくんが復活して良かった!
次回はりーさんの番か。りーさんは何をしてくれるのか。
次ににくるみちゃんの戦いもあると良いな。くるみちゃんが戦えば安心というぐらい頼もしい。
最後は主人公のゆきがランダルの所に辿り着くという展開
削除
name:匿名
>>ゆきちゃんの本音

そもそも、コミック1~5巻のゆきのアレも、実は演技だったのかも?
削除
name:匿名
リーさああああん!!
ほうき、ほうきで・・・本当にほうきで・・・・・。
なんとか切り抜けて、無事ゆきちゃん達のところに戻って来てほしい(;;)
削除
name:匿名
核を発射できるっていうことはもう本当に全然動かないからまわりの状況分かんないだけで文明は残ってるのか…
確かにアホ
削除
name:匿名
スミコさんの行方は一体…。あれが一番気になることです
削除
name:匿名
りーさんの死亡フラグがビンビンじゃねえか
削除
name:匿名
これゆきちゃん以外さよならエンドじゃないですかね…
そんな気がしてならない

りーさん大学編で体力つけてたからそれが活かされる場面になってくれればいいけど…
削除
name:匿名
↑さん

みーくん、一旦は持ち直すも・・・
りーさん。シャベルを取りに行って、何とかシャベルを回収するも、体力不足が露見し・・・・
そうこうする内くるみ彼ら化。半狂乱状態に陥るゆきに彼ら化した、りーさんとみーくんが襲い掛かり・・・・

ゆき含め全員死亡ENDも十分有り得ますね・・・・・
削除
name:N
  来月も再び休載なのも仕方ないと思います。
  現在、原作の海法先生は別作品のアニメにも手をつけてますから。同時進行で仕事をこなすのは大変かと。
  連載している雑誌自体の休刊の恐れがある中、どうにか解答編だけは書いて欲しいです。
削除
name:まさみ
28日後や28週後、彼岸島のように
続編を期待したいと思います!
これで終わっちゃヤダヨォ(T_T)
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み