がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第68話 いっしょに

巻頭カラー
今回のフォワードではがっこうぐらしが巻頭カラーを飾りました(´∀`)。10月ということでハロウィン衣装を着た学園生活部の面々が扉絵を務めています。
というかこの衣装って去年まで二年連続で行われた、錦糸町オリナスでの「がっこうぐらしハロウィンコラボ」で使用されたデザインですね(゜ー゜)(。_。)。
ちょうど去年の今頃はがっこうぐらしが長期休載中で、漫画自体どうなるか分からないってときでした。
そんなときに、水瀬いのりさん、小澤亜李さん、M・A・Oさん、高橋李依さんの学園生活部のキャストという、声優自身の人気で見ても相当豪華なメンバーが集結したイベントが開催されました。
そしてそのイベントの中で漫画「がっこうぐらし」の連載再開が発表されましたね( ゜∀゜ )。
今回もいつも通りに表紙のみの巻頭カラーだったわけですが、このイラストはとても素晴らしい・・。生活部の四人がイキイキしてみえます。
そしてコミック11巻が2019年1月12日に決定です!! 10巻発売のときになかなか出なくてグダグダした反省でしょうか・・・とても早い発表です(^^;)。
実写映画もその頃に封切られるそうで、タイミングを合わせてますね。
昨晩の話です。みーくんは青襲を「送る」ためにショベルを持って外の道路に出てきます。青襲は道路標識のポールに手錠でつながれており、完全に発症して「かれら」と化していて人間の意識はない様子です。
みーくんは一瞬躊躇しますが、勇気を振り絞って青襲を「送る」・・つまり活動を停止させることに成功します。
みーくんは青襲のスマホが近くに落ちているのを発見します。スマホにはボーモンくんの文章を青襲が送信した履歴が残っており、みーくんは青襲がボーモンくんのふりをしていたことに気が付きます。
「かれら」と化した青襲さん
青襲さんの最後って圭ちゃんのときと同じように、ぼかした表現にして余韻を残すのかと思ったらしっかりと描ききるのですね(-_-;)。
割と青襲さんに感情移入していた読者は多いと思うので、これはもう・・そういう人達にとっては追い打ちというかイジメに近い何かですね(^^;)。
しかしみーくんは昨日まで苦楽を共にしながら旅をしていた仲間である青襲さんを、活動停止するまでショベルでボコボコにするという荒業をよくこなしましたね( ´д`ll)。
まあみーくんはめぐねえを「送った」経験があって初めてってわけではなかったですけど。めぐねえの時とは違って青襲さんとは面識があったのでより辛かったのかなと。
青襲さんはスマホとボーモン君の件をくるみちゃんに詳細に語っていたのかと思ってましたが、スマホに残されていたデータをりーさんとみーくんで分析したみたいですね。
まあスマホってプライバシーの固まりのようなものだから、そうしたものを放置するってメッセージ的というか遺書のようなものだったのかもしれません・・。
「ランダル評議会」の存在が嘘だったことに、ゆきは改めてショックを受けます。みーくんは青襲は私たちのためにやったとフォローしようとしますが、ゆきは「それくらいわかってる」とすぐに遮ります。
ゆきちゃんの様子が・・
みーくんはいくら何でもゆきちゃんをなめすぎですね(^^;)。過酷な状況をしっかり理解した上で道化を演じていたのが最近のゆきちゃんですからね・・。
しかしゆきちゃんはフワフワした脳天気な反応が減って、少しトゲのあるような余裕のない反応が増えてきましたね(゜◇゜;)。
彼女たちがいかに追い詰められてきたかを物語っているようですごく臨場感を感じます(( ;゜Д゜))。
そのとき近くで銃声が鳴り響き、ゆき達は線路沿いに移動することにします。ゆきは移動中に脳天気に「お餅食べようよ」と言い出します。りーさんはいつものように「お正月ね」と返答します。
ゆきはさらに「みーんなでお餅焼いて食べよ。ずっと一緒に。」と続けますが、その目からは涙がこぼれていました。
悲しすぎだ・・
ゆきちゃんはいつものおどけた様子で振る舞いつつも、実は涙を流しながらなんてとても切なくなってしまいます(´;Д;`)。
一方でりーさんとみーくんにはあまり切迫感のようなものを感じませんが、これはその・・覚悟完了的なアレかもしれませんね・・(-_-;)。
ところでゆきちゃん達の今現在の季節ってイマイチ把握できなかったのですが・・お正月ですか・・(゜◇゜;)。冬場だとは思っていたのですが半袖は流石に寒そうです。
みーくんは自分たちの旅の終わりがもう間近に迫っていると気づきます。そのとき上空では一機のドローンがゆき達を追跡していました。
ドローン
ドローンは普通に考えればランダル保護機構のものっぽいですが、別の第三者が操っている可能性も否定できないと思います。この先どうなるかは簡単には読めませんね・・。
というかこのままだと100%死ぬので、それよりはランダル保護機構につかまった方が幾分かマシなように思えます( `Д´ )。
「旅の終わり」っていうけど、連載の終わりが迫ってそうで怖い(( ;゜Д゜))。今月は「なでしこドレミソラ」も予告なしに突然最終回を迎えたし、連載上位から外れたのを見たこと無い「あんハピ」も来月で終わってしまうし・・。
実写映画が封切られる来年の初頭が山場なんじゃないかと勝手に震えております・・(( ;゜Д゜))。
そして次号休載の告知! これはもう読者いじめの追い打ちの死体蹴りすぎます(#゜皿゜)。
まあソシャゲの「きららファンタジア」の方で描きおろし等があったりするのかもしれませんね。ファンはそっちを楽しんでみるのも良いかもしれません。
この記事のシェア
コメント
name:匿名
次の回では開始早々捕まってるシーンから始まらなければいいが…((( ;゚Д゚)))
しかしくるみちゃんもいつ彼等化してもおかしくない状況だし、もういっそ捕まった方がマシなんじゃないかという気も…
絶望的すぎる。
削除
name:匿名
いつも更新ありがとうございます(*ˊ˘ˋ*)。
本当にもう、終わりが近付いている気がします……
学校の時みたいに、平和な時間がありません!!
あと、青襲さんをあんなにリアルな描写にするのはひどい(;Д;)(;Д;)
削除
name:匿名
更新ありがとうございます
削除
name:匿名
更新ありがとうございます!
青襲さあああああん(;;)
やっぱり彼ら化でしたか…手錠は自分で繋いだのかな…
大学組とあのまま大学に残って畑とか作っていたとしても発症したのかな…
大学で彼らと同じ空間に引きこもってたから、どこにいても避けられない道だったか…。
もっと色んな顔が見たかった…大学組との会話も…
みーくんに見送られたのが唯一の救いか……
魅力的なキャラをありがとう作者さん(;;)
削除
name:匿名
青襲さん、本当に死んだのかな。
彼ら化も急激に進行したのも気になりますし、彼ら化は髪型、衣服が同じでも顔ははっきり見えない事もあって、実は携帯を持たせてGPS情報からドローンで監視しているなど色々考えちゃいます。
続きが気になりますね。
削除
name:N
もしかしたら、一度全滅させて終わらせようとしているのかもしれません。
アニメ版は原作より“後”とも取れる描写がいくつかあったので、この話では全滅して、物語の真相が語られるのかと。
削除
name:匿名
初めまして
>>100%死ぬよりランダルに捕まった方が

それはそれとしてかなりきついと思うのですが・・・(4人バラバラに隔離されて
死よりキツイ人体実験を受けるとか・・・)
削除
name:未定
結末が近いのでしょうか。
結末が近いから、連載も結末まで、完結編まで、書ききれるのだと思います。
どんな結末でも、最後まで、貫いて、書ききって欲しいです。
          
削除
name:匿名
終わってほしくない(迫真)
削除
name:山田与作
北九州市漫画ミュージアムに京都国際マンガミュージアムで買った「がっこうぐらし!英語版第1巻」を寄贈しました。すごいだろう?。
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み