がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第33話 ひみつ

水洗トイレが使える。足を伸ばして寝られる。学園生活部はキャンピングカーにご満悦です。
しかしそのとき、りーさんは車を乗り換えた事について「めぐねえ、気にしてないといいけど」と言ってしまいます。
ゆきちゃん、ブーメランですぞ!
完全に妄想病が完治しているのに、めぐねえとの会話を強いられるゆきちゃん(笑)。今までみんなに迷惑をかけてきたことを、身をもって体験することになります。
しかしりーさんは、ハッと我に返ることも無くなってますね。病状が悪化している? ちょっと不穏な空気が漂います。
しかしキャンピングカーは風呂は付いてなく、洗濯もしなければなりません。学園生活部は河原に行き、くるみとゆきちゃんは水着に着替えます。
唐突にサービスシーン!
この水着もショッピングセンターで仕入れたのかな? 最初の車はミニクーパーだったので、余計な物を積む余裕は無かったと思うんだ。
しかし、サービスシーンの方が重要です(笑)。ゆきちゃんは浮輪しているけど、やっぱり泳げないのかな? だとするとイメージ通りだw。
川の水は冷たく、ゆきちゃんは凍えてしまいます。みーくんとくるみは洗濯をしています。
くるみは言います。「こっちが、このままでいたいって思ってもさ。あっちから来たりすんだろ。じゃあ、準備しとかないとな。」
この明るい中にも、切なさや儚さを感じさせるという・・・
なんて表情をするんだ!
あっちから来るとは? 準備とは? ズバリ言うと、くるみちゃんは自分がゾンビ化する可能性があるので、その準備をしているのではないかと。
少なくともみーくんは、そう思って心配していますね。表情にでています。
その日の夜、くるみは車から離れて行きます。みーくんは偶然、それに気が付きます。くるみはゾンビの群れの中に入っていきますが、ゾンビは襲ってきません。
バニッシュスキルを手に入れた!
ここでくるみちゃんの体の異常が、クローズアップされましたね。くるみちゃんが叫んでも、ゾンビには「どうしたんだ? 落ち着けよ。」みたいな反応をされてしまいますww。
この特性、名付けて”バニッシュスキル”は、対ゾンビ戦において相当アドバンテージがありそうです。
ゾンビが急に反応して、くるみは一瞬喜びます。しかしそれは、みーくんが追ってきたせいでした。結局ゾンビとの戦いになり、くるみは服を洗濯しなおす羽目になります。
みーくんはくるみの頬についた血をぬぐいます。その時みーくんは、くるみの体温がとても低いことに気づいてしまいます。
これは以前から伏線をはられていた部分ですね。ゆきちゃんは全く気にしていなかったようですけど(笑)。
賢いみーくんには、くるみちゃんの危うさが分かってしまいます。
みーくん「どこにもいかないでください。」
くるみ「いくつもりはねぇよ。」
みーくん「つもりじゃだめです。いっちゃだめです。」
くるみ「わかったよ。可愛い後輩のためだもんな。」
くるみ先輩! 大好きです!
要約するとこういう事ですねw。みーくんの切実さが伝わってくるシーンです。
りーさんは妄想に足を突っ込んでいる。ゆきちゃんは相変わらず。くるみちゃんはむこうみず。学園生活部においての心配役は、みーくんに一任されそうですね。
くるみとみーくんは、夜中に出歩いている事をりーさんに見つかり、説教を受けてしまいます。ゆきちゃんはその様子を見て、夢だと自分に言い聞かせます。
今回、くるみちゃんの体が正常には戻っていないという事が、はっきりと描写されました。この先ゾンビ化する可能性があるということです。
ちょっとかわいそうですけど、読者としては面白い展開になってきましたね。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み