がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第27話 ひなん

ゆきちゃんはりーさんに「みーくんとくるみちゃん、迎えに行った方がいいんじゃないかな?」と言いいます。
しかしりーさんは足が震えて立てません。「先、行っててくれる?」 りーさんはゆきちゃんが出ていくのを確認したあとで激昂してしまいます。
絶望
ゆきちゃんがいなくなるのを確認してから、泣き叫ぶりーさん。まるで閉め切った社長室でキレる経営者みたいですw。体裁って大事なんだな。
しかし、絶望したりーさんの表情は、毎度の事ながらかわいいです(*^_^*)。
しかしゆきちゃんは戻ってきていました。ゆきちゃんはりーさんの手をとって言います。「一緒にいこ?」
勇者ゆきちゃん
こういうときのゆきちゃんのメンタルの強さは、いつも感心してしまいます。まあそうじゃなかったら、活躍する場面が無くなってしまいますけど(笑)。普段は無能を地で行ってますからねw。
りーさんは気が回りすぎて、絶望してしまっていると思います。ゆきちゃんはあまり深く考えてないから強いのかも。物事は何にしても一長一短があるのですね。
煙はすでに学校の廊下に充満しています。りーさんはゆきちゃんの「避難訓練」という言葉にヒントを得て、タイマーで校内放送をセットします。
りーさん達は煙で、意識がもうろうとしていきます。その時タイマーでセットした「訓練火災でーす」という放送が鳴り響きます。
いや燃えてるから
この放送もあくまで、日常をなぞったものになってますね。ゆきちゃんの矜持を感じてしまいます。
本当はもっと、具体的な指示を放送した方が分かりやすいかも。でもくるみちゃん達なら、十分に察する事ができるはずです。
それとゾンビを騙すという効果も、実はあるのかもしれません。
りーさんとゆきちゃんの前に、めぐねえと思われる影が現れます。りーさん達はその影に導かれて、避難区画にたどり着きます。ゆきちゃん「ありがと、めぐねえ・・・」
女神再び
ゆきちゃんがめぐねえの影をみるのは分かるのですが、りーさんにまで見えるというのはちょっとオカルト入ってますね。
煙で意識が混濁していたようですから、ちょっとトランス状態になっていたのかも。いずれにしてもめぐねえは、彼女達にとって心の支えになり続けているようです。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み