がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第23話 しょうらい

くるみはリボンを付け手袋をはめて、愛用のシャベルを振り回して構えます。りーさんは「調子いいみたいね」と言います。
完全復活です
新装備のパーカーは腕の傷を隠すためでしょうか? なかなか似合ってますね。ほっぺたの絆創膏も、感染の痕が残っているのを隠しているのでしょうね。
ゆきちゃんはくるみを「アクション俳優になれるよ」と言って褒めます。しかし、くるみのなりたいのは、かわいいお嫁さんだそうです。
乙女発言キタコレ!
照れながらもさらっと言えてしまうくるみちゃんは、真性の乙女だと思います。
しかし、みーくんの「希望を持つのはいいことだと思います。」という発言は、相当からかいが入っているように思いますねww。それに対して照れちゃうくるみちゃんはマジで純粋だ。
今日の活動は地下の倉庫の整理です。ゆきちゃんは「後輩に残すものは、多い方がいいからねっ」と言います。みーくんはその発言に、何か感じるものがあるようです。
みーくんは倉庫にコンテナがいっぱいあったと言います。りーさんはくるみに、無理しちゃダメと釘を刺します。話し合った結果、地下にはゆきちゃんを含めてみんなで行くことになります。
ゆきちゃんは倉庫で、電気のスイッチを見つけて点灯します。くるみとみーくんは、電気がきている事に唖然としてしまいます。
あっさり
ゆきちゃんは意外と、こういう事ができちゃいます。ゆきちゃんにとって世界は日常ですからね。
くるみちゃん達は世界の異常事態が認識できている分、こういうことを見逃してしまいがちなんだと思います。
くるみちゃんがもしも、最初に電気を見つけていたら怪我をせずにすんだかも。いや、めぐねえの異様な姿がはっきり見えてしまうか(´・ω・`)。
めぐねえの死体を誰が片付けたのかも気になります。やっぱりみーくんかな? ゆきちゃんは論外だし、りーさんとくるみちゃんも無理そうですからね。
ゆきちゃん達はコンテナの物資を回収していきます。くるみはある部屋で、男性の首吊り死体を見つけてしまいます。くるみはそっと扉を閉じて言います。「いくじなし」
四人は冷蔵室の前でためらいます。果たして何が入っているのか? 思い切って開けてみると、中には牛肉のステーキが入っていました。
ご褒美♪ ご褒美♪
本当に苦しいことが続いていましたからね。このくらいの幸運はあってもいいと思います。
しかし、りーさんとみーくんがナイフとフォークなのに対して、くるみちゃんとゆきちゃんは箸ですね。しかも箸の方のステーキは、しっかり切れているという芸の細かさ(笑)。
何か意味があるのかなと考えてみましたが、特に無いのではないかとw。ゆきちゃんの肉が切れている理由は、何となく分かりますけどねw。
ステーキはとてもおいしく、彼女達はお腹いっぱいになるまで食べます。
ゆきちゃんは「みんなで楽しいのも、もうすぐ終わりなんだね」と言います。理由は卒業するからだそうです。
みーくんはいとおしそうに言います。「もう少し先でも・・・、いいと思います。」
メロメロじゃん
みーくんは学園生活部に、完全にやられちゃってますw。もう恋といってもいいくらいです。ついこの間まで、不満たらたらだったくせに。
まあ、学園生活部のみんなは、クソコテっぷりを発揮してトラブルを引き起こすみーくんに、愛情たっぷりに接してきましたからね。
そうしたことに感動しない人間は、いないのだと思います。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み