がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第20話 せんせい

廊下を見張っているゆきちゃんは心を入れ直します。くるみはウイルスの感染が悪化して苦しんでいます。くるみの片手と片足には、手錠がしっかりはめられています。りーさんは少し思い悩んだあと、教卓から包丁を取り出します。
冷たい目
りーさん、何を持ち出してるんですか!? いつのまにそんな所に、包丁なんて隠していたんだ!? やはり用意周到な女性です。悪い意味で。
苦悩の表情を浮かべるりーさんですが、このコマだけは非常に冷酷な目をしてますね。ちょっと怖いです。最悪の事態の時に処理できるのは、この人だけでしょうね。
その頃みーくんは、ゾンビと化しためぐねえと対峙しています。めぐねえの不気味な声に驚いたみーくんは、避難区画の入り口まで後退します。
怖いです。
これがラスボスの風格でしょうか。とっても不気味ですね。こういう様子を見ると、もう意識なんて残って無いのではと思ってしまいます。顔を黒く塗りつぶしているところが、いい味を出してますね。
めぐねえは入り口のシャッターのところまで、みーくんを追ってきます。みーくんはめぐねえに自己紹介をし、学園生活部のメンバーに対する思いを語ります。最後に「ゆっくり休んでください。」と言って、めぐねえにトドメを刺します。
その頃くるみの容体は、急激に悪化していました。りーさんは激しくおびえて、包丁を振り上げます。
りーさんのHPは、ゼロです
りーさんは完全に心が折れています。バキバキの複雑骨折です。この世界のゾンビって、感染してからゾンビ化するまでが、すごく早いですからね。りーさんがこうなってしまうのも無理ないかも。
いくら手錠をかけているとはいえ、相手はくるみちゃんです。くるみちゃんがソファを引きずって襲ってきて、部屋の隅に追い詰められるという展開もありえるわけです。
みーくんは取り出された医薬品のケースを見つけます。それはおそらく、めぐねえが最後の力で取り出したものです。みーくんは薬を回収し部室まで戻って来ます。
みーくんが部室のドアを開けると、今まさにくるみを包丁で刺そうとしている、りーさんの姿がありました。
アーッ!!!
最悪な場面を見られてしまうりーさん。ここでポンコツ具合が極まりましたねw。しかし危なかったです。みーくんがもう少し遅れたら、りーさんはくるみちゃんに取り返しのつかない事をしていました。
アニメではこのシーンはカットされていましたね。あまりにも酷すぎるということで、カットしたんだと思います。ただ、ヘタレりーさん好きとしては、見たかったシーンでしたね(^^;)。
みーくんは「薬、取ってきました」と言い、りーさんを制止します。みーくんはすぐに注射器を取り出し、りーさんに言います。「手伝ってください。」
立場逆転
りーさんは完全に呆然としてましたね。そしてアゴで使う側から使われる側にw。しかしみーくんはメンタル強いわ。とてもかっこいいです。
みーくんが注射を打つと、くるみの容体は沈静化します。みーくんは「あとは待つだけです。」と言います。りーさんはくるみに毛布をかけて言います。「頑張ってね、くるみ。」
ここ2話ほど、りーさんのやらかしが凄かったですw。ただ自分の中では、りーさんの株はむしろ上がっているという、奇妙な現象が起こっています(^^;)。
しかし、めぐねえは簡単に始末されましたね。まあ、元が普通の人でしたから。もし、くるみちゃんがゾンビ化したら、真のラスボスになりそうです。
この記事のシェア
コメント
name:momo
kawaii
削除
name:U・M
始めまして
20話は本当にインパクトのある話でしたよね。

所で3巻でみーくんが「私達がああなったら、始末してました?」と質問し
りーさんは「間違い無く始末する」とは言わず「分からないわ。その時になってみないとね」
と答えるんですよね。
今にして思うとあの問答は重大な伏線だったと思うのです。
もしりーさんが「間違い無く始末する」と即答してたら・・・
そう言う非情さを持ち合わせてたら・・・
間違い無くくるみはアウトだったでしょうね。
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み