がっこうぐらし! 感想

漫画「がっこうぐらし!」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

がっこうぐらし! 第18話 もういちど

”職員用緊急避難マニュアル”には、今回のパンデミックを想定した対処が書かれていました。それを読んだみーくんは戦慄します。
これで今回のパンデミックは、人災である可能性が濃厚になりました。学校の設備が異常に充実していたのも、こうした事態に備えたものだったのですね。
しかしそれなら、ここまで事態が放置されるのは、不自然だなと思ってしまいます。市外の状況はどうなっているのか? 責任の所在は追求されているのか?
謎は深まるばかりです。
みーくんはゆきちゃんではなく、くるみとりーさんに相談します。くるみはマニュアルの内容に激しく動揺します。
みーくんの不用意な一言にブチギレるくるみちゃん。いままでに無かった一面です。
クソコテは卒業しようね、みーくん。
めぐねえに裏切られたかもしれない。そのことがくるみちゃんを動揺させているようです。あまり表に出てこなかった、めぐねえとくるみちゃんとの関係が垣間見れますね。
くるみは地下の避難区域に偵察に行きます。残されたみーくんとりーさんは、めぐねえについて語り合います。りーさんはめぐねえの気持ちを思い量って涙を流します。
りーさん、やさしいな(;´д⊂)
人の気持ちを類推できるりーさんならではの涙です。この人は本当に繊細なんだよなぁ。こんな過酷な環境に居ていい人じゃないと思います。
くるみちゃんがゾンビの中に突っ込んでいくというのは、珍しくないことです。しかし今回は特別というか、何か嫌な予感がしますね。
シャッターをくぐり避難区域に入ったくるみは、一人のゾンビと対面します。それは懐かしい人物でした。
めぐねえ!!!
やはりめぐねえはゾンビ化していたのですね。くるみたちが行ったことがなかった避難区域に居たから、今まで気付かなかったようです。
部室に戻ってきたくるみは、大変な状態になっていました。その右腕にはくっきりと、ゾンビに噛まれた跡があったのです。
クライマックスです!
これは大変だ。いままでで最大のピンチだと思います。親しい人間がゾンビになったとき、本当に始末できるのか? それがここで、大きな問題として顕在化しました。
今回のくるみちゃんはいつもの飄々とした感じが無くて、余裕のない感じで描かれていました。こうした演出が、アクシデントを予感させる雰囲気を作り出していましたね。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み