ハナヤマタ感想

ハナヤマタの感想サイトです。各話ごとに思ったことを述べていきます。ストーリーのネタバレを含みますので、作品を未見の方はご注意ください。

ハナヤマタ 62組目 フレンドシップ・オブ・ザ・ゲーム

祥子のチームは、ソフトボール部を五人も入れているのに負けています。ソフト部にはピッチャー禁止と利き腕禁止のハンデが課されていました。
コントロールの悪いヤヤは、祥子にボールをぶつけてしまいます。
ソフトボールを2回続けてやるのは、けっこう意外ですね。てっきり今月は、結果だけ描いて別の話にいくと思っていました。
ボールをぶつけられた祥子は怒って、自分が勝ったらヤヤ達にも水着でライブしてもらうと言い出します。

水着でライブw

なるほど。絵にしてみると確かにコレは無いわ(^^;)。しかしこれ、制服着てるほうも恥ずかしいだろ!
試合はサリ先生の活躍で同点になります。打順が回ってきたヤヤは、デッドボールの報復を恐れますが、祥子の見事なコントロールの前に三振してしまいます。
祥子は勝ち誇りますが、実は全球インコースのボール球を狙ったものでした。
まあ素人同士ですから、こんなものでしょうねw。しかしソフト部のモブは全く登場しませんね。目立ち過ぎるからでしょうか。文化祭とかだと、もっとモブが活躍するイメージがあるのですけどね。
試合は一進一退の展開。ツーアウト満塁で祥子の打順となります。
ヤヤのステージでの姿に感動したこと。再び燃え上がったバンドへの情熱。祥子は心の中にそれらの事を思い描きます。

バンドへの想い

この部分、かなり丁寧に描いていますね。この先ヤヤちゃんが、バンドとよさこいの選択に悩む場面があるかもしれません。
しかし祥子が回想している間、試合は続行していました。祥子は三振で、ゲームはよさこいチームの勝ちとなります。

ゲームセットw

漫画では普通、こういう回想をしている間って、時間が止まっているものですけどね。ある意味、掟やぶりだ(笑)。
しかし、マチちゃんの件といい、さっちんとヤヤちゃんの件といい、よさこい部分裂の要素がワラワラ出てきましたね。ギャグ回が続いてますけど、波乱の展開が待ってそうな気がします。
(2016/10/26 15:47:08)
コメント
お名前:yーua
最近このアニメ見つけて視聴しましたがどハマりしてしまいました(今更笑)原作こんなとこまで進んでたんですね〜。
この感想見て、原作全巻買っちゃいました^_^
2017/06/25 17:12  
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
作品のストーリーに関わりのない事は書き込まないでください。管理人へのお問い合わせはこちらからお願いします。
(ハナヤマタ 61組目 ミス・ソフトボール)
作品一覧
(c)grutto.net