がっこうぐらし!感想

がっこうぐらし!の感想サイトです。各話ごとに思ったことを述べていきます。ストーリーのネタバレを含みますので、作品を未見の方はご注意ください。

がっこうぐらし! 第58話 あかし

DJのお姉さん!

今回の扉絵はなんとDJのお姉さんでした。かなり予想外です∑(゜Д゜ノ)ノ。
彼女は生きてゆきちゃん達と出会うことができませんでしたが、こうして再登場するのは感慨深いです(つД`)。サドル先生の作画の変化もあるのか、少し印象が違う感じがしますね。
みーくんからDJの女性の事例を聞いた青襲は空気感染が起きている事を確信します。
みーくんは感染までにどのくらいの猶予があるのか尋ねますが、青襲は「さあな。どっちでもいいんだよ。」と突き放します。

は??

ぶっきらぼうなのは青襲さんのキャラだからよいとして、「どっちでもいい」というのは解せないです(゜◇゜;)。
感染のメカニズムを解明することが青襲さんの生きがいじゃなかったの?
これはちょっとしたミスリードを狙ったものかな? それか青襲さんの内面が明らかになる時の伏線になってくるかもしれません。
みーくんとりーさんは喫茶店の倉庫に物資の調達に行きます。りーさんは金属バットを持って「くるみに頼ってばっかりじゃいられない」と前向きな姿勢をみせます。
包丁から金属バットに装備変更したりーさんです。徐々に復調しているようですね(´∀`)。元々一番頼りがいがある人でしたから。
りーさんは物資を物色しながら「どんなことをしても絶対に勝つ」と決意を語ります。みーくんも「私たちは負けられない」と思い、保管してあった包丁に手をやります。

包丁

包丁はがっこうぐらしでは「仲間殺し武器」という暗喩があります。かつて、りーさんがくるみちゃんに向かって、包丁を振り上げた事がありましたね。
空気感染という事実に悩むみーくんが、この包丁を手にするという事に、すごく不穏な空気を感じてしまいます(( ;゜Д゜))。
その夜、みーくんは事実の深刻さに思い悩み、武闘派リーダーの言葉を思い出します。「俺たちは絶対に勝つ。どんなことをしても・・・。」
みーくんは「私たちは違う・・・」とつぶやきます。

亡霊の執念

リーダーはとうとう影のような存在になってしまいました。作中で完全に死亡確認されてしまいましたからね。哀れです(;´д⊂)。
一方でその執念だけは、みーくんの心の中に深く刻まれて、亡霊のように乗り移っているようにも見えます(-_-;)。
ゆきちゃんは調達した物資の中から、一万年もつという「万年ペーパー」を見つけてきて、みーくんに手渡します。みーくんは「どうやって確かめたんでしょう?」と言います。

万年ペーパー

確かに一万年って確かめようがないですww。これの元ネタは「アピカの1000年ペーパー」ってやつみたいですね。中性紙を採用することで長期間保存可能なノートとのこと。
みーくんはもらったノートを日記として活用することにします。
「これを読むあなたへ。あなたは人間だろうか。もしあなたが宇宙人やスーツを着たお猿様なら、私たちはたぶん失敗したのだろう。だとしても私たちは精一杯生きた。このノートはその証だ。」

日記

日記をつけるというのは読書家のみーくんにふさわしい行動だと思いますφ(。。)。みーくんは物語の語り部になっていきそうですね!
でもこういうアイテムが出てくると「そして何年後・・」みたいな展開になりそうで少し怖いです(^^;)。

そして休載!!!

最近ページ数が減っていて、いやな予感はしていたのですが、とうとう休載が発表されてしまいました(´;Д;`)。
年内には再開ってまだ6月なんですけど! どれだけ休む気なんだろうか・・・? こういうパターンでフェードアウトって漫画界じゃよくあるよね・・・(( ;゜Д゜))。
構想の練り直しだったり、充電期間にあてるという事なら良いのですが、とにかく健康問題だけは心配なところです(-_-;)。
個人的にはかなり衝撃的な発表でした。まあ、読者としては気長に待つしか無いですね。
(2017/06/24 17:52:16)
コメント
お名前:No name
いよいよ、話の締め方が見えてきましたね。
血清が見つかって全員生存エンドはこの感じ的に怪しいな。
2017/06/24 18:50  
お名前:No name
10巻はいつ出るのだろうか・・・
2017/06/24 18:53  
お名前:No name
休載とか嘘だと言ってくれ…
2017/06/24 19:02  
お名前:No name
わりと生活部の誰かが死んだくらいにショックを受けている
2017/06/24 19:17  
お名前:No name
ゾンビモノで元の平穏な世界に戻りましたとか無いよね...
マジで宇宙人がノート見つけて終わりエンドかもしれん。
2017/06/24 23:58  
お名前:No name
こんどはみーくんが病む番なのかも
合理的に考えれば考えるほどリーダーの思想に近づいていくとか
2017/06/25 01:06  
お名前:No name
初めまして
ページ数減ってましたか?余り気付かなかった・・・
後今回のフォワードはやけに売り切れ率が多くって、普段買ってる本屋でも2件くらい売切れてて
3件目、秋葉原のゲーマーズでようやく買えたのですが、やっぱり「がっこう休載」が響いてたのでしょうか・・・
2017/06/25 05:34  
お名前:N
のちに自分の名前が書かれた万年ペーパーをみーくんが発見して、世界が繰り返されていることに気づく伏線になるのか。
休載はやっぱり、大学編がうまくいかなかったから、構想を練り直すのか。
2017/06/25 11:20  
お名前:No name
アニメ化の準備と信じてる
2017/06/27 15:46  
お名前:No name
>今回のフォワードはやけに売り切れ率が多くって
本屋で在庫問い合せてもそうゆう情報って共有されないんだと思う
2017/06/27 18:20  
お名前:No name
体調を崩しての休載じゃないといいんだけどな

みーくんの日記の書き出しが不穏すぎ
全滅エンドで最期にまとめて日記を読み上げとかやめてくれよ
2017/06/28 00:15  
お名前:No name
話が進まないなぁ...なんか...
学園黙示録と同じ匂いがしてきた。この意味わかるよね?そう...
2017/07/03 02:05  
お名前:No name
作者のヒを見る限り健康問題は大丈夫そうだけどね
2017/07/04 23:52  
お名前:Dadao Xiboguan
……前の方が触れていた「日記読み上げ」はあると思います。ただ、日記は日本語で書いていますから、
1、「かれら」が読む。
2、生き残った者が読む
の二択しかないはずです。なぜなら、宇宙人の類いは「読めない」からです。(原作者の海法紀光さんは翻訳家でもありますから、その感覚はご存知の筈です)かつて惑星探索のために打ち上げられたボイジャーが宇宙人に宛てたメッセージが基本的に絵なのも、そういうことです。
第40話でヒカが指摘していましたが、今回のパンデミックは単なる「ウィルスの感染」では説明しきれないものがあります。なぜなら、「感染者」には明らかに「体質の変化」が見受けられるからです(「かれら」だけでなくくるみも)。
だから、「血清」程度では解決にならないような気がします。もし、「解決」する方法があるとすれば、それは「遺伝」でしょうね。
2017/07/05 05:42  
お名前:No name
「かれら」は文字が読めるのか!?
知性を保った彼らがでてくるかもって、それくるみちゃんだ
2017/07/06 17:15  
お名前:Dadao xiboguan
ダブル投稿申し訳ない。
再開まで半年以上ありますので、予想。

ランダル社の方たちは実は既に登場しています。
ランダル社の方たちは学園生活部のメンバーに対して武闘派と似たような態度をとります(保菌者の可能性が非常に高いから)。
「ウィルスについては自分たちが研究しているのだから自分たちが一番知っている」という思い込みがランダル社の方たちにはあります。
でも、ウィルスはランダル社の方たちの予想を軽々と超えて、その為にランダル社のグループは壊滅します。
学園生活部のメンバーは「自分たちで考え、行動し、出来得る限りの最良の手段を自力で探し出す」必要に迫られます。
一方、イシドロス大学では遂にシノウが出産。ただでさえ感染症にかかりやすい乳児の運命は……。

……こんな所かと。
2017/07/20 22:11  
お名前:No name
当然24日になっても何もないんだな・・シクシク
2017/07/25 02:53  
お名前:咲夜
学校にいた方がよかったかなぁ
2017/08/17 23:01  
お名前:KAN
アニメ7話「おてがみ」冒頭にて、3-A教室でひとり古典(方丈記)の自習をするゆき。
そこにみーくんがやってきて、けいの幻影を見るシーンがあります。
ゆきのセリフ「ねえ、すごいよね、みーくん。だってこれって、ずっと昔の人のお手紙なんだよね?」
みーくんのセリフ「ざっと、800年ほど昔ですね」

……  んーっ、万年ペーパー。

連載再開されて、800年後の人たちが、みーくんの日記を目にするとか言うオチは止めてほしい。
2017/09/05 23:26  
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
作品のストーリーに関わりのない事は書き込まないでください。管理人へのお問い合わせはこちらからお願いします。
(がっこうぐらし! 第57話 おくじょう)
作品一覧
(c)grutto.net