ダンジョン飯 感想

漫画「ダンジョン飯」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ダンジョン飯 第71話 シスル4

2021/2/15発売のハルタ81は九井諒子先生のらくがき本デイ・ドリームアワーがついています。2021/2/13にはダンジョン飯10巻と副読本の冒険者バイブルも発売になっており、まさにダンジョン飯ウィークといった感じですね!
シスルを拘束したライオスは回復魔法で魔力切れを起こすギリギリまで身体を回復させます。ライオスは仲間の死体と翼獅子の本を回収しなければなりません。竜たちに襲われないようにするため、ライオスはシスルを背負って作業を開始します。
かわいい
ライオスが回復魔法を使えるようになったのは大きな進歩ですね。
多くのRPGでの勇者の強さのひとつに自ら回復しながら戦えるっていうのがありますからね。たとえ一流の術でなくても少しでも回復できるのは大きいと思います(´∀`)。
しかしシスルを縛って背負うとか、いちいち性癖を刺激されている感じがしてヤバイです( ゜∀゜ )。シスルのムスッとした表情がとても可愛いですね。魔法を使えないエルフは本当に無力だ・・。
シスルは竜に囲まれて生き残ったライオスをいかさまだと罵倒します。ライオスはシスルに自分が生き残った方法を説明します。
まず一度もブレスしてなかった炎竜の逆鱗に剣を投げつけ行動を遅らせます。次にくるワームの毒霧は氷竜の毛の中に隠れてやり過ごします。氷竜の毛は大量の空気を含んでいるので、しばらく毒霧を防いでくれるのです。シスルが見た毒霧の中のライオスは夢魔の出した蜃気楼でした。
炎竜のブレスが毒霧に引火して大爆発を起こしますが、それも氷竜の毛がある程度防いでくれます。爆発の結果、樽が破損しリヴァイアサンの力で大量の海水があふれます。
それを避けて氷竜が飛び立ち、東洋竜とすれ違ったところで乗り移ります。最後にシスルの背後まで駆け寄って本を奪うという流れです。
モフモフは偉大
氷竜のモフモフの毛はワームの毒霧や爆発の衝撃さえ防いでくれて万能ですね! だいたいあのモフモフの巨大生物は魅力的すぎると思います(≧∇≦)。ぜひ手懐けて背中に乗ってですね・・あの大きな背中をクルクル転がってモフモフの草原を堪能したいです(*´∀`*)。
前回ライオスが毒霧の中で動けてることに違和感を覚えたのですが、あれは夢魔が死に際に出した蜃気楼でしたね。シスルとの最終決戦なだけあって、しっかりと理由が描写されました。
シスルはライオスの手際に感心します。元々迷宮に侵入してシスルを脅かしたのは外界の人間たちであるので、ライオスはシスルを殺すことを躊躇し話し合いでの解決を模索します。
ライオスは捕食されていたグリーンドラゴンの肉と貝の一種である夢魔を海水で煮て「グリーンドラゴンのアクアパッツァ」を作ります。料理はあまり美味しくありませんが会話をする雰囲気を作ることができます。
食事
ジビエで肉料理なんてしっかり下ごしらえして調味料を使わないと、すごく生臭い料理になりそうです( ´д`ll)。
海水なんてかなり不純物が混じっていてすごく不味いですからね! もっともリヴァイアサン作った海水なので自然のものよりは綺麗なのかもしれませんけど・・。
まあ肉はともかく貝のほうはまんまハマグリなので、結構いけるかもしれません。
ヤアド君はシスルに対して会話は絶対に無理って言ってましたが、シスルは人の話を聞くし何だかリラックスした雰囲気になりましたね。今までは力が強すぎたのでそういう評価になってしまったのかもしれません。
どんな生物でも生きるために食事をする。食事をしないのは死者だけだ。黄金郷の人たちは眠ることも食べることも必要なく、永遠の生に疲弊し不幸になっている。ライオスはそう言ってシスルを説得します。
生物が生きるために必要な欲求というのは、それが満たされれば生きる喜びになりますからね(´∀`)。
腹が減ってる時に美味しいものを食べること。眠い時に思いっきりガーガー眠ること。いずれもとても楽しいことですよね!
それを魔法で歪めて千年ですからね(-_-;)。かなりきつそうです。
ですが生きることそのものにも欲求があるので、個人的にはいまいちピンとこない気持ちもありますね。
シスルはライオスの言葉に理解を示します。ライオスはシスルを信頼し魔道書を返します。
しかしシスルは床から植物を生やしライオスを拘束してしまいます。植物は強制的にライオスに果汁のようなものを食べさせ永遠に食事している状態にします。
シスルはみんなこうしてしまえば全て解決すると言い、その知見を与えてくれたライオスを国の住民として迎えると言います。
こじらせすぎw
このシスルはわざと極端な解釈をして大人を困らせてしまう子供みたいですね(゜◇゜;)。人らしい営みにこそ生きる喜びがあるという話なのに、全く本質を理解していないように見えます。
ライオスの方もあれだけ苦労して奪った魔導書をあっさり返してしまうのは、いくら何でも人が良すぎですよね( ゜д゜ )。
やはりシスルはこのまま殺すべきだったのか(メ-_-)。ライオスとマルシル以外は皆そうしたと思います。ただその場合に迷宮がどうなるか分からないですからね。余計ややこしい事になりかねませんし・・。
ライオスあの状態だとすごい肥満体になってしまいそう・・(( ;゜Д゜))。家畜にむりやり脂肪をつけさせているような状態ですからね。それとも黄金郷の国民になったら体型も変わらないのかな?
ライオスはさらなるピンチを自力で乗り越えられるのか? もしかしたら穴から落ちたシュローやカブルーたちが助ける展開になるかもしれませんね( ゜∀゜ )。
ところで筆者もダンジョン飯10巻と冒険者バイブルを買ったのですが、バイブルはかなりお勧めのアイデムです!
こういう副読本って既存素材を切り貼りした内容の薄いものもありますが、この本はそういうことは全くありません。
まず主要キャラに1〜2ページのおまけ漫画がついています。この主要キャラの範囲も広く、例えばタデちゃんやパッタドルでさえ1ページ漫画があります。
各キャラの歴史が詳細に語られており、ここで新たに明らかになる事実もかなり多いです。
価格が1000円ほどと単行本にしては高めですが2/3以上がカラーかパートカラーですし、割高感はあまり感じませんでしたね。
ただ、こういう本が出ることは物語の終わりが近づいていると感じさせるので、その点では少し寂しくもありますね・・(つД`)。
この記事のシェア
コメント
name:いつもの使徒
更新ありがとう。
冒険者バイブルはココで教えてもらえてなければ、発売に気付かないところでした。
(*´ω`*)アブナイアブナイ
削除
name:匿名
冒険者バイブルの描き下ろし量に感動しました( ノД`)…
今月のハルタのオマケもそうでしたが、久井さんは漫画描くのが楽しくてしょうがないんでしょうね。ハンターと喧嘩稼業の作者に爪垢飲ませたい…
オマケの現代服がかわいかったにゃ~。RPGのキャラが現代服着てるのが好きなんですよね私。冒険者バイブル2がでたら載せて欲しい。
削除
name:匿名
魔導書を返す下りをカブルーが知ったらどんな顔するんだろう……
カナリア視点でも騙されやすいイコール操られやすいだから、迷宮の主になったらヤバいヤツ評価は覆らないだろうなあ
削除
name:匿名
魔導書を返すのはお人好し過ぎてアホオブアホだけど
ライオスが魔導書に執着していない=ダンジョンの主になるつもりがない
ってことを描写するためには必要だったんだろうね
削除
name:匿名
脱線するけれど、そういえば地下3階のセンシの仮拠点的なのってどうなったんだろう
やっぱりクリーナーに食われたんかな

追記ぐるっと!さんがレビューしている漫画は自分の好きな漫画ばかりでありがたいです!
削除
name:匿名
冒険者バイブルが地元の書店では注文でも手に入らず、出張先の書店でようやく手に入りました。
衝撃の設定が多くて、驚きの連続でした。
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み