ダンジョン飯 感想

漫画「ダンジョン飯」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ダンジョン飯 第65話 ウサギ その2

マルシルは遠くでライオスが倒れたところを目撃しますが、よく状況を把握できていません。うさぎの後ろ足には鋭い刃が付いており、それによってライオスの首筋は切り裂かれたのです。
体勢を立て直す暇はなく、センシとチルチャックもうさぎの攻撃で倒れてしまいます。
うさぎの武器
足をつかって切り裂くというとまず爪を連想しますが、迷宮のうさぎは隠し刃のようなものを持っていましたね(( ;゜Д゜))。
この刃はうさぎの膝・・ではなくカカトの部分に付いています。なるほどこれなら相手に取り付いて、反転するときにうまく切り裂けそうです。
リアルの動物でこの部位に武器をもっている奴って、ちょっと想像できないですね。飛び出しナイフのようにスタンピングで抜刀するのかもしれません・・(゜◇゜;)。
ところでライオスが倒れている遠景が、モンティパイソンの映画そのもののレイアウトで、作者のリスペクトを感じてしまいます。
マルシルはライオスに託された首当てのおかげで、うさぎの攻撃をしのぐことができます。そして魔道書から吸い取った魔力でパワーアップした魔法でうさぎの一匹を爆破します。
マルシルはうさぎを閃光魔法で気絶させることを思いつきますが、うさぎをおびき出すには囮が必要です。マルシルは犯罪と知りながら、チルチャックの死体をネクロマンシーの魔法で操って囮にします。
「あいつ趣味が悪いな」
ネクロマンシーとはまた猛烈にエグいネタを持ってきましたね( ゜д゜ )。
上記のセリフはイヅツミがマルシルの男の趣味について語ったものですが、私も別の意味で同じセリフをつぶやきそうになってしまいました(^^;)。
しかしライオスがマルシルに渡したゴージットとかいうゴツい首当ては見事にマルシルを守ってましたね!
今回もライオスの読みは当たっていたわけですが、本人が即死してしまったところが今までと違っています。
上記画像のうさぎの攻撃ですが、スト2・・ストリートファイター2のパロディになっています。
上から時計回りに豪鬼の空刃脚、竜巻旋風脚、キャミィのスパイラルアロー、ブランカの噛みつき、春麗の百裂脚、スピニングバードキックという感じですかね・・。
作者はRPGの造詣が深いと思いますが、意外と格ゲーも得意だったりするのかも。
チルチャックの死体を囮にしての閃光魔法はうさぎに抜群の効果を発揮します。
マルシルは仲間の体を回収するために、センシやライオスにもネクロマンシーの魔法を使います。ついでに気絶したうさぎにも同じ魔法を使い不気味な集団を形成します。
イヅツミは大怪我を負いながら生き残っていましたが、マルシルたちの異様さに恐怖します。イヅツミが木から滑って落ちたのでマルシルはライオスの死体に抱き止めさせますが、死体ライオスの虚ろな表情を間近にしたイヅツミはショック死してしまいます。
普段は強気な態度をとっているイヅツミですが、案外気が弱いのですねw。まあ動物って威嚇に弱くてすぐに逃げ出したりするので、半獣半人のイヅツミにもそういう傾向があるのかもしれません・・。
しかし一番怖いのは、マルシルが自分のやっていることの異様さに気づいていなさそうなところですね(-_-;)。
仲間たちとうさぎを回収したマルシルは、コントロールに悪戦苦闘しながら何とか屋敷に戻ってきます。マルシルは屋敷に着いたとたん泣き出してしまいます。
マルシルは周囲の人々が先に亡くなっていくことに、潜在的に恐怖を感じています。そんな彼女にとって今回の状況はとてもハードなものでした。
マルシルの恐怖
マルシルは夢魔の回の時に、父親を早くに亡くしていることが明らかになっていますね。そのことから父親が人間でマルシルはハーフエルフだという説もあります。
マルシルはそうした辛い別れを無くしたいという思いで黒魔術に傾倒しています。
しかしマルシルが死体を操っている姿は、彼女が目指す可能性の中でバットエンドを暗示しているように思えてしまいます(゜◇゜;)。
翼獅子は夢魔を通してマルシルの恐怖を目撃していました。翼獅子は半身を取り戻したらマルシルの力になると約束します。
それを聞いたマルシルは、人種による寿命の差を無くすという目標を打ち明けます。翼獅子はその壮大な欲望を聞かされて、愉悦を含んだような表情をしてしまいます。
美味しい餌?
苦悩するマルシルに対して、さっそく翼獅子は勧誘まがいの発言を始めましたね(゜◇゜;)。
翼獅子がミスルンの言う悪魔と同じ存在なら、マルシルのこじらせた欲望はとても美味しい餌に見えることでしょう・・。
翼獅子のこの愉悦が抑えられないといった感じの何とも言えない表情に恐怖を感じてしまいます・・(( ;゜Д゜))。翼獅子の目が少しヤギの目に近づいてみえるところもコワイです。
人種の寿命の差を無くしたいって、鳥でも魚でも寿命はバラツキがあるのですから、非常に不自然なことですよね。神への挑戦的な捉え方もできると思います。
ところであのうさぎ、マルシルはトドメを刺せなかったと思うので、気絶したままなのでしょうかね?
あの戦闘力を考えると早く息の根を止めないとかなり危険なんじゃないかと・・。まあ次回には無事お肉になっていそうですけどね(・∀・)。
しかし炎竜のときもファリンのときも誰も死ななかったライオスパーティーが、初見とはいえマルシルを除いて全滅させられてしまいました・・。
まさに迷宮のうさぎは今までで最強の魔物でしたね! でもネタが分かってしまえば次回からは楽に狩られてしまいそうです(^^;)。
この記事のシェア
コメント
name:匿名
マルシルの夢がついに明らかになってしまった。
それはそうとマルシルの泣き顔がヒロインぽくてああそういえばこのキャラヒロインだったっけってなりました。
削除
name:匿名
以前に描かれたマルシルの悪夢では、彼女は幼い姿でファリンの人形だけを抱えて本に囲まれて居ましたが、まさにあの光景が彼女の本質なんだろうなと納得した回でした
つまりは心が子供のままで、長生きしているのに心を許せる相手はここ数年で出会ったばかりのファリンたちだけ、それでいて本で得た知識や技術ばかりは膨大なのだと言う
あの時ライオスが見抜いた通り、マルシルは単に親しい人との死別が怖いだけ。なのにそれを全人類の寿命操作というお題目に置き換えてしまっているのは、自分の中の恐怖を認めて受け容れられない顕れなのかなと
指導者が不在なのも致命的でしたね。独学で危険な黒魔術を会得できる程度には才を持って生まれてしまい、独学であるが故に中枢に招かれる高い力量やコネクションが得られなかったせいで、道を正してもらえる機会もなかった
事あるごとに大騒ぎして駄々を捏ねたり、サキュバスが現実離れした痛々しい姿に変身したのも、思えばギャグであると同時に彼女の幼さや対人経験の乏しさが露呈したシーンでもあったのだと気付かされます
何のことはない。マルシルは異端の才女でも何でもなく、ただひたすらに未熟な小娘に過ぎなかったんですね。彼女に必要なのは魔術でも迷宮でもなく、自分の心と向き合うために人生経験や人間関係を豊かにすることなんでしょう
削除
name:いつものヒト
いつも、ありがとうございます。
やはり、翼獅子は悪魔の可能性が高まってきましたね。
シスルは、悪魔を制御できてたってことになるんでしょうかね~(道を踏み外しているって点では同じかな...)
削除
name:匿名
古代魔術!
削除
name:匿名
紹介ありがとうございます。
1巻でブレイクダンスを披露していたころに比べると隔世の感がありますね。。。。
削除
name:匿名
んー、愛していた父親が早くに亡くなったことがマルシルにとってそうとうトラウマだったようですね。それにハーフエルフだったとしたら、エルフの中では浮いちゃうだろうし、それでも誰かを愛したら愛したで、その先にあるのは100パー訪れる死別なのでそれを思うと愛する事も怖くなっちゃう。エルフを愛せればまだ良かったんだろうけど。恐らく死を克服できないと誰も愛せない事に彼女の中ではなっちゃってる感じ。もうライオスがファリンの魔物肩代わりして魔物ライオスになって、マルシルとダンジョンで幸せに暮らしましたとさ、な展開になるしかないのでは・・・。
削除
name:匿名
ライオスが主になった時、ダンジョンがなかった世界を望めば悪魔もいなくなるしファリンも元に戻るのでは?
削除
name:匿名
ゲーマーには割りと有名ですが、ウィザードリィの小説に、復活の呪文が産み出された結果、エルフもドワーフも寿命が人間と同じくらい短くなってしまった、ってのがあるんですよ。 

まず間違いなく、作者の人は知ってるはずなので、それも含めどうネタとして昇華するのか興味深いですね。

>ウサギの爪
近いのは鶏やカモノハシのケヅメかな、と思いました。
削除
name:匿名
同じハルタ内で、峠鬼がちょうど一言主様の話だったのが興味深い
悪魔と有翼の獅子の話が出たとき、一言主のような存在で、悪魔んび善悪は無く、ただの力だと思っていたし、本人もライオスの夢の中でそう言っていた
ところが今回の話で、有翼の獅子は明らかにマルシルを誘惑した
これはだたの力とかそういう範囲を逸脱している


願は叶う。
しかしマルシル・・・それは・・・
削除
name:匿名
ボコスカウォーズで草
削除
name:匿名
獅子の瞳孔に「?」マークが浮かんでるね
獅子が願いのエネルギーを食物としてるなら、ターゲットを非人道な歪んだ方向へ誘導していくのも自然な行動なんだろうな。
人間が牛や豚を食うのと同じ、マドマギのキュウベエみたいに罪悪感なんて無いのかも
削除
name:匿名
翼獅子の瞳孔から黒いものが垂れてるような瞳の形が29話で登場したときの狂乱の魔術師の瞳に形が似てるなーって思ったりします
悪魔の力を使うときに目の形がこうなるのかなって
なんにせよ翼獅子も一筋縄では行かない空気がでてハラハラしますね
削除
name:匿名
もしかしたら翼獅子がライオスからマルシルへ迷宮の主を託す展開もあるかもしれませんね。
今までの迷宮の主はシスルやミスルンなどのエルフばかりでしたから、マルシルが今後迷宮に大きな変化をもたらす可能性もあるかもです。
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み