ダンジョン飯 感想

漫画「ダンジョン飯」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ダンジョン飯 第58話 サキュバス

ライオスたちは迷宮の深層で野営した跡をみつけます。その跡は「最奥」の扉で見つけたものに似ています。ライオスたち以外にこの深層に到達した者がいるようです。
これは気になる伏線ですね。フィオニルたちのような新人パーティはとてもこの深層にたどりつけないだろうし、カブルーパーティーやシュローパーティ、タンスじいさん一行も地上に戻っています。
地下に落ちたミスルン隊長とカブルーって可能性もあるけど時間軸的に少し難しそうですね。やはり新キャラの可能性が高いと思います( ゜∀゜ )。そういやライオスパーティー以外の上位パーティーってまだ登場してませんね。
イヅツミが自己中心的な態度をとるのでチルチャックは注意しますが、いつものように口論になってしまいます。イヅツミは話の途中で逃げ出し、泉で水を汲んでいるセンシの所に向かいます。
今回はイヅツミ回か?
イヅツミは読者目線で見ても、すっかり馴染んできた感じがしますね( ゜∀゜ )。
ライオスたちはなんだかんだ言ってもプロフェッショナル集団なので、冒険に関しては割と大人な感じですから、わがままなイヅツミは少し異質な存在だと思います。
しかしイヅツミ=ネコって考えるとあまりウザさを感じないですし、むしろ愛着さえ湧いてきます。
なにしろ顔面を含めてビロードのようなブチ模様の毛が生えていますからね。とてもナデナデしたくなります(*´∀`*)。
泉ではやせ細って恍惚の表情をしたセンシが倒れています。ライオスによるとこれはサキュバスの仕業だと言います。
センシが・・
センシは精気を吸い取られたようですが、なぜか兜までやせ細っていますね(^^;)。かなりのダメージを受けてそうですが、とても幸せそうです(笑)。
サキュバスは相手の最も魅力的な姿に変身し、魅了して相手を抵抗できなくして、精気を吸い取る魔物だそうです。深層では精神攻撃をする魔物が多くなってきましたが、今回もそんな感じのモンスターですね。
魅了された時点で負け確定なのでかなりの強敵だと思います。二人一組で対応し魅了されて無い方がサキュバスを倒すっていうのが定石になっているようです。
ライオスはサキュバスの好物である牛乳を取ってくると言って荷物を取りに行きます。イヅツミはライオスが孤立するのではと指摘しますが気づくのが遅く、ライオスはサキュバスに精気を吸い取られてしまいます。
ライオスは今回は脇役に回るみたいなので、ギャグを交えてさっさと退場したようですw。
しかし今回は登場しなかったですが、ライオス視点の「最も魅力的な相手」ってどんな姿かとても気になりますね。やっぱり人外になってしまうのでしょうか?
見たいような見たくないような・・とても複雑な気持ちになります(-_-;)。
イヅツミは物心ついた頃から獣人の姿をしており、見世物として各地を転々としていたそうです。最終的にシュローの父親に引き取られますが、ペットのような扱いを受けてきたため、人に恩義を感じることはできなかったのです。
イヅツミの過去
イヅツミは見世物小屋的なところで育ったようですね。不幸の典型のような生い立ちだ・・(つД`)。
ネコと混ざり合った獣人のような姿は、マイズルさんが黒魔術に近いものを使ったせいだと思っていたのですが、そうでは無かったようです。
ダンジョン飯の世界では東方においても、黒魔術は禁忌らしいですからね・・。
イヅツミの首のところにかかっていた山姥の呪いは、ネコの首輪のようなものだったのかもしれませんね。かなり過激な拘束方法ではありますが・・(^^;)。
イヅツミはしばらく単独行動をしていました。叫び声を聞いて泉の場所に戻ってみると、マルシルとチルチャックが倒れています。この二人もサキュバスに精気を吸い取られてしまったのです。
イヅツミはマルシルに何があったかたずねます。サキュバスはまず金髪のハーフフット美女の姿になり、チルチャックを魅了しました。そこではマルシルの爆破魔法で倒すことができたそうです。
チルの理想
チルの好みは金髪の美女でしかも裸でしたw。チルの中身が中年のおっさんということを再認識させますね( ゜∀゜ )。
ただしその姿はあくまで同族のハーフフットなので、チルの性癖は正常だと言えるかもしれません。
マルシルはあまりに金髪のサキュバスばかり出てくるので、「奥さんもそうなの?」と突っ込んでますね。でも多分違うんじゃないかなーと思います。男ってそういうものでしょ?
次にサキュバスは眼帯をした王子様のような姿になってマルシルを魅了します。チルチャックはその趣味の悪さに笑い転げてしまい、その隙に金髪のサキュバスに捕まってしまいます。こうして二人とも精気を吸い取られてしまったのです。
マルシルの理想
今回の爆笑ポイントはここですw。この眼帯騎士はとても乙女チックで少女漫画の主人公のようですね( ゜∀゜ )。
チルのサキュバスのような肉欲的な感じがないので、マルシルはかなり奥手なんじゃないかと推測しています。
しかしサキュバスって大人数でかかられたらどうしようもない敵ですよね。サキュバス10人に対して必要な人数は11人ではなく20人ですから(( ;゜Д゜))。
マルシルはイヅツミに一旦逃げて助けを呼ぶべきだと言います。もしかしたら野営跡のパーティがいるかもしれないからです。
しかしイヅツミはその場に留まってサキュバスと戦うことを選択します。
イヅツミさんかっけぇ!
今までのイヅツミは自身のわがままが災難を招くってパターンが多かったですが、今回はちょっと違った感じになってますね。
悪態をつきまくりながらも、その場に留まって不利な戦いを挑んでいくところがすごく格好いいです(≧∇≦)。
ちょっと少年漫画のダークヒーローのような雰囲気を感じます。個人的に次回への期待感はいつも以上に高まってます!
ところでイヅツミの理想の相手ってどんな感じなのでしょうか? 次回必ず出てくると思いますがちょっと想像できないですね。
この記事のシェア
コメント
name:匿名
いつもありがとう(*´Д`*)

イヅツミは、自分の欲に正直なイメージがあるんで
本当に1人でサキュバスを狩れるのか不安ではありますね

必勝法でもあるんでしょうか?(目を瞑ったまま戦うとか?w)
削除
name:通りすがり
イヅツミ、世の中に幻滅しすぎてor愛を知らなすぎて理想の相手がいないんじゃないかなあ?
削除
name:匿名
タデとマルシルにそれなりに心開いてたのは単に同性だからではなく同性愛者だからと予想
削除
name:匿名
・ギャグよりならメンタルは人間なのに「猫そのもの」「猫人間」が出てきたんで冷静に対処
・シリアスなら人間が出てきて、戸惑いつつも対処
・サキュバスが変身できなかった
とかかな。
削除
name:匿名
wwwwwwwwww
少女系恋愛小説でしかも厨二キャラwwwwww
ライオスはマンドラゴラでもいけそうなのが怖い((( ;゚Д゚)))
削除
name:ぷぷぶ
魅力的な食べ物が出てくるんだろうな…
削除
name:医者ですけど
猫なんだからじゃれつきたくなるようなものとか、温かいコタツとかだと思う。
で、全滅したところに他のキャラが助けに入る。
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み