ダンジョン飯 感想

漫画「ダンジョン飯」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ダンジョン飯 第4話 オムレツ

ライオスたちは、縦穴の中にロープを使って降りていきます。体力のないマルシルは、それにとても苦戦して、みんなを待たせてしまいます。そして、マルシルは平気だと強がりますが、しばらく休憩とることになります。
的確で容赦ないチルチャックの批判。これは心に突き刺さりますね(^^;)。
傷ついたプライド
なかなか良い表情してますw。マルシルは負けず嫌いっぽいですからね。相当ショックだったようです(; ´_ゝ`)。そういえばここまで、文句を言うくらいで、あまり活躍はないですね。
ただ、こういうのって、本人は気にするけど、周りはあまり気にしてないものです。
センシは、野菜が不足しているので、この近くに群生するマンドレイクを取りにいくと言います。マルシルは、マンドレイクの取り方は知ってる、素人が下手に手を出すと酷い目にあうと主張します。
汚名返上へ
マンドレイクは魔術や薬学の基本で、マルシルの専門分野だそうです。彼女はこれまで、不甲斐ないところばかりだったので、汚名返上のチャンスですね。
一気に色めき立つマルシルは、とてもかわいいです(*^_^*)。
マンドレイクは引き抜くと、人の精神を破壊する叫び声を上げます。マルシルは、叫び声をさけるために、紐と躾けられた犬を用意し、犬に紐でマンドレイクを引っ張らせると説明します。それに対して皆は、効率が悪いとツッコミを入れます。
机上の空論
犬を使う方法は、ファンタジーの世界で伝承されている方法ですね。そして大体、効率が悪いと批判されています(; ´_ゝ`)。
ライオスは、長い紐で引っ張ればいいと言います。こっちの方が、すごく合理的で簡単そうだ(^^;)。ライオスはいつも、こういう実践的な考察に優れてますね。
センシはおもむろに、マンドレイクを引き抜き、すばやく首を切って、叫び声を防ぎます。
効率的な実践
この方法は一番早そうです。ちょっと刃が引っかかったりしたら、危険があるかもしれませんけど。センシらしい、ワイルドな方法です。
そして、マルシルの汚名返上のチャンスが、ガタガタと崩れ落ちていきますw。
それでもマルシルは、歴史の長い歴史書に書かれている方法を、捨てることができません。犬の代わりに魔物を使うことで、名誉挽回をはかります。
名誉挽回されたあとの甘い妄想をするマルシル(笑)。
どこの美形だよ!?
まあ、現実のマルシルも十分にカワイイですけどね(´∀` )。
マルシルは、大コウモリを使って、マンドレイクを引き抜くことに成功します。しかし、マンドレイクの叫び声で錯乱した大コウモリは、マルシルのいる方向に突っ込んできます。
法則発動w
得てしてこういう亊になります(笑)。大体コウモリなんて、どこに飛んでいくか分からないのだから、とても効率の悪い方法ですね。
学術書の権威を信じるよりも、まず自分の頭で考えることが重要なんだと思います。
マルシルは、少しマンドレイクの悲鳴を聞いてしまい、精神に異常をきたしてしまいます。ライオスたちは、マルシルに話しかけ続けることで、彼女の精神を回復させようとします。
壊れたー!
活躍したいと頑張った結果がこれか(;-_-)。マルシル、哀れ過ぎる(;´д⊂)。
精神の壊れたマルシルは、普段、言えないようなことも、素直に話してしまいます。ライオスたちがマルシルを褒めると、彼女の精神は回復します。
プライドの高いマルシルが、普段なら絶対に、口にしないような発言ですね。
いつのまにか、正気に戻っているマルシル。
上目遣いがカワイイ!
この娘はやはり、褒めて伸びる子なんだと思います(笑)。
センシは、マンドレイクをみじん切りにし、ベーコンの脂で炒めます。そして、それをバジリスクの卵でとじて、ふっくらさせて、オムレツを作ります。
マンドレイクとバジリスクのオムレツ
迷宮の中でこんなオシャレな料理ができてしまうなんて( ゚д゚)。マンドレイクをにんじんに例えてみると、味がなんとなく想像できます。とてもおいしそうですね(゚∀゚ )。
なお、マンドレイク(マンドラゴラ)は実在する植物ですが、毒があって食べられないそうです( -_-)。
叫び声の上げさせたマンドレイクは、渋みがなくなって、まろやかな味になりました。センシはマルシルに礼を言いますが、マルシルは、そういう証明がしたかったわけじゃないと、悔しがります。
今回はマルシルの魅力がたっぷりの回でしたね。
すべての行動がカワイイとか異常すぎる(゚∀゚;)
あと、何事も座学だけでなく実践が必要という、教訓があった回でしたね。センシやライオスは、まさに実践の人だと思います(^^)b。
この記事のシェア
コメント
まだコメントはありません。
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み