ダンジョン飯 感想

漫画「ダンジョン飯」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ダンジョン飯 第41話 山姥

マルシルを拘束したアセビはライオス達を脅して這いつくばらせます。さらにアセビは自身にかかってる2つの呪いを解けとマルシルに命令します。
呪いのひとつは首にかけられています。もうひとつの呪いは全身にかけられており、アセビは頭巾を外して猫人間のような姿をさらします。
呪い・・・
結構重い展開です(゜◇゜;)。アセビはクールな印象を見せておいて正体を表したら「ニャーン」みたいなカワイイ姿を見せてくれるのではと思っていたのですが。
猫の姿はそういう種族なのではなく呪いによるものだった・・・。そう考えて見るとその姿は痛々しくさえ思えてしまいます。
首にかけられた呪いはマルシルが解除できそうです。アセビはマルシルが作業している間に、センシに料理を作らせて空腹を満たします。
アセビの食事の仕方はとても意地汚くマナーがなっていません。チルチャックはアセビの事を単純に育ちが悪いと言います。
なめなめべーろべろっ
作中でチルも言ってますが、こういうキャラは今までに無かった感じですね。ライオスやマルシル、シュローにしてもみんな育ちの良い家庭ですからね( ´_ゝ`)。
猫っぽい仕草さではありますが、どちらかというと猫の可愛さより汚さを感じさせる描写です(^^;)。こういうところを安易な表現にしないのはこの作家らしいなと思います。
そして今回もちょっとだけひどい目にあうマルシル(笑。毎回ノルマを課せられているかのようで気の毒です( ´д`ll)。
さらにアセビは偏食持ちで、きのこが嫌いと言って床にすててしまいます。その行為を見たセンシは明らかに怒った様子で言います。「スプーンを正しく持ち、いま床に捨てたものを拾いなさい。」
怒れるセンシ
いつも温厚なセンシが、ここまで怒りをあらわにするのは初めてかも(( ;゜Д゜))。センシは食べ物に感謝し大切にする という思想を持っているので怒るのも仕方ないですね・・・。
アセビは恐らく仲間になるので、二人の間にちょっとした因縁ができたように思えます。
アセビがセンシに跳びかかろうとした瞬間に、解除中の首の呪いから般若の面をかぶった山姥のような魔物が現れます。
山姥が包丁でアセビを突き刺そうとした瞬間、センシがアセビを突き飛ばして難を逃れます。
山姥
こんなのが体内に仕込まれていたなんてすごく怖いです(-_-;)。仕込んだのはおそらくマイズルさんだな・・・鬼だわあの人。
シュローのパーティーは仲良しこ良しの集団ではなかったことが伺えます。この漫画の人々は全体的にシビアな人が多いですよね・・(゜◇゜;)。
ライオス達がすごく甘々な感じで、それでいて高い実力を持つというのは主人公補正のたまものなのかも。
山姥は包丁を振り回しながら襲ってきます。センシはアダマンタイト製の鍋で突き刺す包丁を防ぎます。
無理な力がかかった包丁は折れてしまいます。センシは無理な道具の使い方をするとこうなるとアセビをさとします。
その後、鍋を炊いていた魔法陣から山姥の下半身に火が燃え移り、ライオスはそれを利用して山姥を焼きつくします。
さすがアダマンタイトの鍋です。傷一つついてなさそうですね( ゜∀゜ )。包丁はそもそも引いて切るものですから、槍のように突き刺す用途には向いてないのかもしれません。
魔物を退治して落ち着いたところで、ライオスはアセビに後をつけてきた理由を尋ねます。アセビはマルシルの黒魔法を見て、自分と混ざった獣の魂を分離して欲しかったと言います。
しかしマルシルは申し訳なさそうに、一度混ざった魂は二度と元には戻せないと言います。ライオス達はそれを前提としてファリンの現在の状態を何とかしようとしているのです。
魂は戻せない!?
これまで作中では明言されてなかった衝撃の事実があきらかに!! とても絶望的です。これライオス達の心中はすごくつらいのではないかと(´・д・`)。
狂乱さんのチート能力を使えば何とかなりそうな気もします。でも、さっきも言いましたが九井先生はなかなか安易な展開にはしないお方なので、ファリンの問題がどう決着するか全く予想できないです。
ライオスはアセビに「君に会えて本当に良かった」と言います。魔物と混ざっても正気を維持しているアセビを見て、ファリンの人格を取り戻せる希望がでてきたからです。
つーかライオスはケモ娘がパーティーに加わってうれしいんじゃないのかな? なんか目がすごく怖いんですけど・・・(^^;)。
この二人が恋愛関係に・・・ということは無さそうだ。
迷宮の主は魂の分離に関することを何か知ってるかもしれない。アセビが自力で地上に戻ることは困難。そうした理由でアセビはライオスパーティーに加わることになります。
アセビという名前は通名で、彼女の本名は「イヅツミ」というそうです。
アセビ→イヅツミ
今回はアセビ改めイヅツミちゃんの属性紹介のような回でした。愛称は「イヅちゃん」かな?? 他の忍者たちも花の名前でしたから本名があるかもしれませんね。
イヅツミはちょっとやんちゃ坊主というか、正直タデちゃんのような即効性のあるキャッチーさは感じません。
しかし、ライオスたちの属性を補完するようなキャラで素材としてのポテンシャルを感じますね( ゜∀゜ )。
センシのマナー教室。ライオスのケモノ萌え。チルとのやさぐれ同盟。マルシルとの反魔物食同盟。とても想像力が広がっていきます。
この記事のシェア
コメント
name:匿名
取り除いてくれ!
のアセビちゃんくそかわ
削除
name:匿名
アセビはうちの猫にそっくりだ
体臭もくさそう
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み