ダンジョン飯 感想

漫画「ダンジョン飯」の感想を各話ごとに述べていきます。ネタバレ有りの感想ですので作品を未見の方は注意してください。
更新:

ダンジョン飯 第29話 炎竜7

新展開は?
前回、ファリンが完全復活を果たし、引きでは動く絵画の話で登場したダークエルフが再び出てきました。
このダークエルフさんは敵か味方か? 案外ライオスたちと、モンスター食を楽しんだりするのではとも言われていますね(゚ー゚)(。_。)。
眠っていたファリンは、何かに憑かれたように起き上がり、窓から部屋の外に出てしまいます。
途中でゴーストたちに腕を掴まれますが、それを振り払い歩いていきます。そしてダークエルフの待つ炎竜の死体のある場所にたどり着きます。
ファリンに異変
やはりファリンの様子がおかしいですね。催眠術のようなもので、呼びだされたのでしょうか?
あとゴーストたちの様子ですが、襲いかかるというより引き止めるという感じなのですね。この辺も今までにない奇妙な感じです。
ファリンが消えたことに気づいたライオスは、彼女を探して外に出ます。ライオスが炎竜の死体の所に行くと、炎竜の肉が液体になって流れ落ちて骨だけになっています。
これ、マルシルがファリンを復活させた魔法に近いですね( ゚д゚)。ちょうど逆再生させたような描写です。
ライオスは血の海の中で頭を抱えるファリンを見つけます。ファリンは苦しそうにつぶやいています。「デルガル様・・・お探ししなくては・・・」
なぜその名を?
デルガルって動く絵画のときに出てきた王様の名前ですね。ファリンはそんなこと知らないはずです。
もしかしたら復活したファリンって、実はまったく別物なんじゃないかと(( ;゚Д゚))。だとするとハードな展開が待ってそうで、ちょっと恐ろしいです・・・。
その時、ライオスの前にダークエルフが現れます。ダークエルフはライオスを汚らわしい盗賊と言い、何が目的だと詰め寄ります。
ライオスはこのダークエルフこそ、迷宮の主である狂乱の魔術師であると悟ります。
ラスボス感バリバリ
ライオスは人間や亜人のことを全く覚えられないのですがw、動く絵画のことを言われてようやく気づきます(^^;)。
しかしこの狂乱さんは、全く話が通じない感じですね。絵画のときもそうでしたが、最初から敵意むきだしな感じです(( ;゚Д゚))。
マルシル達はライオスの元に駆けつけます。ライオスはファリンを抱き起こそうとします。
ファリンはライオスの腹に強烈なパンチを食らわせ、ライオスは気絶してしまいます。
うるさい!!
ファリンちゃん、完全にキャラが変わってしまってます( ;゚Д゚)。あのおっとりしたファリンからは、想像できない様子ですね。
キャラ崩壊というより、完全に別物に変わろうとしている感じがして恐ろしいです(( ;゚Д゚))。
ダークエルフが呪文を唱えると、血の海からたくさんの小型飛竜が現れ、マルシルたちに襲いかかります。
マルシルは術を直接書き換えることで対抗します。彼女は古代魔術を理解できることに喜びを感じますが、精神と肉体は限界寸前です。
研究していた古代魔術に触れた喜びと、多くの敵に襲われるピンチや疲労で、マルシルはランナーズハイな状態になってますね(^^;)。
センシがこしらえていた「ドラゴンボンレスハム」が、勝手に転がって血の海に合流していきます。
ボンレスハム合流ww
今回のシリアスな展開の中で、唯一笑えたシーンですw。しかし、このハムやファリンの変化を考えると、深いテーマにたどり着きますね。
精神が肉体に宿るのでしょうか? それとも肉体が精神を作りだすのでしょうか?
マルシルがダークエルフに話しかけようとした時、地面が裂けてマルシルたちは地中に落ちてしまいます。
ダークエルフはファリンを「竜」と呼び、「新しい姿をやる」と言います。ファリンの体に血肉がまとわりつき変化していきます。
やばい
こらー! せっかく復活したファリンが! あのたわわな胸が! このまま化物のような姿にされてしまうのでしょうか? 前回の平和な雰囲気が嘘のようです(;´д⊂)。
地中に落とされたマルシル達は、小さな小部屋に閉じ込められます。そして部屋の壁が迫ってきて、押しつぶされそうになります。マルシルは死を覚悟し絶望します。
あと一歩なのに!
こんな場所で死んでしまったら、まず発見されないですからね。蘇生できる世界であっても絶望的な状況です(;-_-)。
ファリンが復活したし迷宮の謎にも肉迫した状況ですから、マルシルの無念さは計り知れないほど大きなものだと思います・・・。
その時ゴーストが現れ、壁に抜け道が発生します。マルシルたちはそこから脱出して難を逃れます。
しかし彼らは多くのゴーストに囲まれてしまいます。チルチャックとセンシはその状況に絶望します。
味方かも
チルチャック達はゴーストに囲まれて絶望してるけど、ゴースト達は助けてくれたじゃん(^^;)。ゴースト達は味方になってくれるかもしれませんね。
王国の亡霊の中にも色々派閥があって、狂乱の魔術師のやり方に反対する亡霊たちがいてもおかしくないですね(゚ー゚)(。_。)。
しかし、今回はかなりハードな展開でした。前回の和やかな雰囲気との落差が激しいです(;-_-)。ファリンの状態が思った以上に深刻で、ショックが大きかったですね・・・。
この記事のシェア
コメント
name:No name
飯要素がなくなっていきそう
削除
name:No name
今のファリンは炎竜の肉から再生された身体だから、血肉が炎竜の記憶を持っているのでしょうね。
削除
name:gousi
一気にダークファンタジー要素が増したな。
削除
name:匿名
狂乱の魔術師が人の話を聞かないのは、「物質に精神を固定して所持者を支配する系の不死」だからかもしれない。(固定した時点の精神から変化も成長もしない。ロードスのカーラみたいな?)

エルフとはいえ「子供?」と言われるくらい幼い見た目の魔術師がそんな強大な力と意思を持っているとは思えない。魔術師が怒った時の目と本の表紙の目が一緒だし、あれが狂乱の魔術師本体なのでは…?
今、エルフの体なのは魔術含有リミットと、不死とはいえ乗り換えにはリスクがあるから長寿を選んだ、、的な。
削除
コメント投稿
お名前:
削除キー:
メッセージ(必須):
コメント書き込み